沿革

"あらゆる芸術のうちで、音楽は最も限定することのできない、 そして最も表現に富み、最も実体のない、最も直感的で、時間の経つことを忘れさせ、そして最も不滅のものである。 電子の動きに変換され、電線を通り音楽の魂が存続する。 KEF社が音楽を本来あるべき習慣化に向けさせるとき、耳と心は筋書きや誇張や術策などなしに、限りなく自然にそうしようとするのである。" レイモンド・クック、KEF創立者
 
 
KEF 社はレイモンド・クック大英帝国五等勲爵士(1925- 1995) により1961年に設立されました。当初はケント州メイドストーンの近くにあるメドウエイ川の土手のところにあった金属加工会社であるケントエンジニアリングファンダリーの敷地内にあったニッサンハット(かまぼこ型兵舎風の建物)を本拠地としていました。クック氏は元BBCの電気技術者で、録音された音を原音と同じくらい自然に再生することができる、素晴らしい音質の製品を創りだすために、新しい材料や技術を試すことに情熱を燃やしていました。初期の頃から、先駆的で創造に富むKEF 社のスピーカは卓越した性能を持っており、これまで50年の間、世界中のオーデイオマニアは、KEF社の革新的で高性能なスピーカに敬意を抱いています。