KEFトピックス

1970年代に、KEFは『KEFトピックス』と呼ばれる範囲で、いくつかの技術論文を発表しました。彼らは、スピーカーの設計と製造の現実に対する洞察を深めるようになっていたのです。 実践的な設計に関する情報が限られていた中で、これらはスピーカーの知識を高めようとするあらゆる人たちにとって最高の資源となりました。これらの論文に著された技術と手法は、KEFの基礎を作りました。そして、記述されている論点が基本的な性質を持っていることから、情報の多くは、当時必要とされていたのと同じぐらい現在にも当てはまります。そこでカバーされる論点は、リファレンスModel 105のような著名なスピーカーにみられるような、クロスオーバー・フィルター、一貫生産、オーバーロード保護、小さなエンクロージャーを使った高い効率性とデザインストーリーを含みます。

歴史に関する資料がダウンロードできます

Volume 1 No.2A