Qシリーズ

より深く、クリアーなサウンド


完璧なサウンドがもたらす、音楽を聴く喜び

KEFの高解像スピーカーがあなたの部屋にもたらす、オリジナルパフォーマンスの深い感動。Qシリーズは、自然かつ正確な表現力によって、それを可能にしました。

1991年に初登場したQシリーズは数々の賞を獲得するなど最も人気の高いシリーズ。優れた音質と革新的なデザインで音楽愛好家やオーディオファンに長く愛され、第8世代を迎えたいま、より深くクリアーな高解像サウンドを獲得しています。


「部屋のどこでも」Uni-Qサウンド

Qシリーズの根幹を成すのは、KEFの特許であるUni-Qドライバーです。バス/ミッドレンジコーンの音響芯にトゥイーターを配置する”点音源”思想の具現化であり、ディテールにわたり正確で美しく統合された3次元再生を実現。従来のスピーカーよりも部屋全体に均一に音が分散されます。


新開発チューブが劇的に高域を改善

トゥイーター背面に配置された自然な減衰とヌケ感が得られる新開発トゥイーターローディングチューブの追加により、高域性能が劇的に改善。クロスオーバーに新採用した低歪インダクターは、比較的低い周波数をもクリアーに再生します。


ハイレスポンスなドラムとベース

Qシリーズは、パワフルなベース楽器の繊細な表現も忠実に再現。バスドライバーは、大振幅を可能にする新しいエッジとダンパーを備え、大音量でもクリアーかつ俊敏な低音をもたらします。

新設計コーンウーファーは中音域の明瞭度を高めています。さらに、フロア型に用意されるパッシブラジエーター(ABR:Auxiliary Bass Radiator)は、新設計のエッジとリアサスペンション構造により、極めてコントロールされた強力な低音を再現します。


デザイントレンドを先取りした2色展開

Qシリーズは、継ぎ目のない洗練された彫刻のようなエンクロージャーを採用し、グリルを取り付けるための穴や突起がありません。ウーファーの色に合わせて黒または白の繊細なサテン仕上げを用意しました(グリルはサービスパーツとして別売です)。