KEF が、グループ・ロータスとパートナーシップを締結。 初のUni-Q® ドライバー搭載カー・オーディオ・システム を開発。

2021年7月8日 英国ケント州メイドストーン / へセル – ロータスとKEFがパートナーシップを締結。新型ロータス・エミーラを皮切りに、次世代のロータス・スポーツカーやプレミアム・エレクトリック・ライフスタイル・ビークルに、ハイエンド・オーディオを導入することを発表しました。 

KEFは、初めての自動車ブランドとのパートナーシップとして、その60年にわたるオーディオ・マスターとしての経験を生かし、小さなコックピットから大型車両向けのフル3Dサラウンドサウンドまで対応する、拡張性のあるオーディオ体験を実現しました。ロータスとの緊密な連携により、エンジニアリングチームは、スピーカーのドライブユニットを車内インテリアに音響的に融合させることで、真の意味での空間的なサウンド体験を可能にする斬新な音の広がりを生み出しました。 

エミーラは、ロータスのビジネスとブランドの継続的な変革を完全に体現する、全く新しいミッドシップエンジンのプレミアムスポーツカーです。これは、自動車業界がロータスに期待するすべての特徴を備えています。印象的なデザイン、スポーツカーのクラスでも、最高の乗り心地とハンドリングを実現するスリリングなダイナミックパフォーマンス、卓越した空力特性、そして全ては「For The Drivers」、比類のない体験をお届けします。

KEFは、エミーラのドライビング・エクスペリエンスのスリル感を、ワールドクラスのオーディオシステムによってさらに高めるために、独自のUni-Q®技術を10チャンネルのサウンド・システムに採用しました。量産車で初めて採用されたUni-Qは、単一ユニットから中高域のサウンドスペクトルを再現し、より一貫性のある超リアルなサウンド体験を提供します。

グループ・ロータスのマーケティング担当エグゼクティブ・ディレクター、サイモン・クレア氏は次のようにコメントしています。「KEFが自動車業界で初めてパートナーシップを締結するブランドがロータスであることを嬉しく思います。これは、革新的な技術と、顧客体験がすべてであるという妥協なき信念によって世界的な評価を得ている、英国を代表する2つのブランドの素晴らしいパートナーシップなのです。」

KEF社長、グレース・ローは次のようにコメントしています。「KEFは、ロータスが新しいオーディオ体験を定義するにあたり、弊社を選択したことを光栄に思います。私たちは、ロータスが車両を最適化してサウンド体験を最大限に高めようとしていることを心から喜んでいます。この組み合わせにより、この上ない喜びが得られるでしょう!」

KEFについて

KEFは1961年、BBC放送の音響エンジニアであったレイモンド・クック(1925-1995)によって設立された英国発祥のラグジュアリーオーディオブランドです。半世紀以上、オーディオ業界の先駆者として “最高の音” “究極の原音再生”にこだわり続け、画期的なUni-Qテクノロジーから、アイコンとなったLS50ワイヤレスまで、KEFは、その非凡な才能をもって、最も革新的な技術とデザインのバランスを追求しています。KEFがクオリティに対して高い評価を得られている理由は、確かな耳と長い経験をもとに一切の妥協をしない精神がやどっているからです。

Lotusについて

ロータス・カーズは、世界クラスの高性能車を製造しており、13ものFIA Formula 1世界タイトルやその他多くのチャンピオンシップでの名誉を獲得するなど、レーストラックでの伝説的な成功を収めています。2021年7月、ロータス・カーズは、最後にして最高のガソリン・スポーツカーである新型ロータス・エミーラを発表しました。最初のカスタマーカーは2022年に納車される予定です。2019年7月には、世界初フル電動のブリティッシュハイパーカー「エヴァイヤ」を発表しました。

カート (0 製品情報)