KF92: それは他にないサブウーファー

本格的な低音を再生するためには、大きな圧力に対応できる画期的なラウドスピーカーが必要です。KF92はまさにそれを実現しています。低周波のエネルギーを爆発させるように設計されていますが、コントラバスの繊細なディテールを聞き取ることができるほど繊細な音も再現します。コンパクトで、部屋に置いても邪魔にならないサブウーファーは、あらゆるリスニング体験を深めるために設計されています。フォースキャンセリング構成の2つの巨大な9インチドライバーに支えられたKF92は、1000ワット(RMS)という驚くべきパワーを備えています。KEFのMusic Integrity Engine™で最適化され、驚くほどのレベルの深みのある低音と制御された低音を提供します。KF92では、空気が動くのを感じるだけでなく、音があなたを動かすのを感じることができるのです。

KF92の特徴をご紹介しましょう。

外観
KF92は、Rシリーズと同じブラックグロス仕上げを採用しています。KF92は、なめらかな曲線に包まれ、従来のサブウーファーのような四角いラインや箱のような外観はありません。ヒートシンクのデザインは、LSXとLS50ワイヤレスのエンジニアリングにインスパイアされたもので、完璧に最適化された美しい外観を実現しています。

1000Wのピュアパワー
各ドライバーには、KF92のために特別に設計された強力な500WクラスDアンプが供給されています。クラスDアンプは、クラスAやA-Bドライバーが発する余分な熱を気にすることなく、驚異的なパワーを生み出す能力を提供します。

カスタマイズされたDSPとMusic Integrity Engine™ (ミュージック・インテグリティ・エンジン)
当社独自のMusic Integrity Engine™とIntelligent Bass Extension(iBX)により、通常のリスニングレベルでは11Hzまでダイナミックに低音を伸ばします。11Hzは聞こえないが、感じることができる。これだけ低い音を出せることで、非常に低い周波数を歪みなく、きれいに、素早く再生することを保証します。

ルームプレイスメントEQ
5つの特注EQ設定により、最適なパフォーマンスを簡単に得ることができます。KF92は、フリースペース、壁際、キャビネット、コーナーなど、どこに置いても問題ありません。

新ドライバー設計
KF92は、ReferenceシリーズやRシリーズで採用されている技術にインスパイアされ、アルミニウムとペーパーのハイブリッドコーンドライバーを搭載しています。また、オーバーサイズのマグネットを搭載し、驚異的なドライバーコントロール、スピード、パワーを実現しています。また、これらのドライバーは、さらなるパワーハンドリングとコントロールのためにベントされており、コーンの形状は、不要な共振を低減するために慎重に設計されています。このコーンにより、KF92は、ペーパーコーンによる低質量で正確なレスポンスと、アルミニウム・スキンによる全体的な強度とダンピングの改善という、両方の世界のベストを詰め込むことができました。

強制的にキャンセル できるドライバー
2つのドライバーは1つのドライバーよりも多くの空気を動かすことができ、より多くの空気を動かすことは、全体のSPL(音量)を大きくします。しかし、シングルドライバーのサブウーファーには根本的な問題があります。すべての作用には、等しく、反対の反応があります(ニュートンの第三法則)。ドライバーコーンが後方に押されると、バスケットに力がかかり、そのエネルギーはキャビネットに伝わります。極端な場合、サブウーファーはその不要なエネルギーの結果、実際に床を「歩く」ことになり、クリーンなオーディオパフォーマンスにとって良いことではありません。

2つのドライバーをカップリングすることで、それぞれの反作用がキャンセルされ、キャビネットを励起してドライバーの低音レスポンスを妨害する余分なエネルギーがなくなります。その結果、キャビネットの有害な振動から解放され、よりクリーンな低音レスポンスとなり、さらに6dBの低音レスポンスが得られました。

コントロールとインプット
ACレシーバーからのモノラル入力などでは、入力レベルの半分しかサブウーファーに表示されない場合があります。つまり、サブウーファーは2倍の働きをして、欲しい音量を出さなければならないのです。しかし、働き過ぎのサブウーファーは、歪みを加えます。KEFのスマートコネクトテクノロジーは、モノラル入力かステレオ入力かを判断し、適切な入力レベルを確保するために必要に応じて調整します。

KF92は、レシーバーやアンプからのラインレベル入力が利用できないセットアップのために、スピーカーレベル入力を備えています。ラインレベル出力は、複数のKF92をデイジーチェーン接続して、どんな部屋でも定在波のないスムーズなパフォーマンスを可能にします。また、より優れたコントロールとクオリティを実現するハイパスフィルターも用意されており、高度な設備にも柔軟に対応します。

コントロールパネル

拡張ポート:KF92の将来性を考慮し、将来のアクセサリーを可能にします。

クロスオーバー: 入力からのローパスフィルターにより、メインラウドスピーカーとのスムーズな統合が可能です。

ボリューム : ボリュームコントロールは、人間の耳と同じように機能するように設計されています:約半分から上は、インクリメントが小さく、より大きなボリュームでさらに細かいチューニングが可能です(線形ではなくアルゴリズム) - 究極のパフォーマンスのために出力の微調整がより重要です。

モード(マニュアル/LFE): マニュアルは内蔵クロスオーバーを使用し、LFEはAVレシーバーがサブウーファーへの出力を制御するホームシアター構成で使用されます。

EQ:KF92を5つの異なる設定(フリーエア、ウォール、コーナー、キャビネット、アパートメント)にすることができます。

Phase(位相): メインラウドスピーカーとの最適なパフォーマンスを実現するために、0°と180°の間で切り替わります。

グラウンド・リフト:グラウンド・ループやACスニーク・パスが低周波(60サイクル)のハムノイズを引き起こす場合、グラウンド接続を安全に切断します。

スピーカー・インプット: アンプのハイレベルな出力をKF92に接続します。

ライン入力(SmartConnect付き): モノラル、L/R、LFEのいずれかを接続します。SmartConnectにより、適切な入力ゲインを確保します。

Line Output HPF:デイジーチェーン構成のLine Output用に調整可能なハイパスフィルターです。

ライン出力: KF92を他のサブウーファーやアンプと組み合わせて、完全なマルチデバイスシステムの一部として構成することができます。

詳細

KC62 Subwoofer

サブウーファー

今すぐ購入

KW1 Wireless Subwoofer

サブウーファー

今すぐ購入

LS50 Wireless II

ワイヤレス HiFi スピーカー

今すぐ購入

KC62 Subwoofer

サブウーファー

今すぐ購入

KW1 Wireless Subwoofer

サブウーファー

今すぐ購入

LS50 Wireless II

ワイヤレス HiFi スピーカー

今すぐ購入
myKEFへようこそ

myKEFコミュニティにご参加ください

メンバー登録すると、限定オファーや特典をご利用いただけます。

アカウントを作成する
カートに商品はありません
すべての割引価格はカートページに表示されます
まだサインインしていません。サインインするか、 myKEFアカウントを作成してKEFを最大限にお楽しみください。
カート (0 製品)