ホームオーディオ・ネットワークに関する秘訣

プレイヤーにCDをポンと置いたり、レコード盤をターンテーブルにそっと落としたりするのは、シンプルですが何か上品さを感じることができます。実際、自分が聴いている音楽の一部であり、聴きたい音を届けるために巨大な無線ネットワークに依存しないことは、有線オーディオストリームを楽しむための素晴らしい方法なのです。しかし、現在のインターネット技術は、全くもって新しい音楽の楽しみ方を生み出し、聴きたいタイミングですべての音楽へとつながる扉となりました。しかし、人生には何事もそうですが、代償が必要です。

ネットワークが使えないと、せっかくの夜が台無しになり、機材をすべて近くのゴミ箱に捨てたくなるものです。ネットワークの問題は確かに厄介ですが、あなたの体験のすべてを支配する必要はありません。今度ネットワークに悩まされることがあったら、こう考えてみてください。あなたは新しいテクノロジーの先駆者であり、時にはうまくいかないこともありますが、その不便さをはるかに上回るメリットがあるのです。

CDショップがまだ街中や商店街にあったひと昔前とは違って、堅牢なホームオーディオネットワークのコツを知ることで、トラブルやストレスさえも軽減することができます。ストリーミングがうまくいけば、思い立ったタイミングで、いつでも、どんな曲でも、ハイレゾ音源で楽しむことができるのです。

楽曲のストリーミング再生時に起こることを簡単に説明すると…

ストリーミングサービスのアプリ起動>曲名を端末に入力>端末からローカルネットワークに接続し、インターネットサービスプロバイダ(ISP)にリクエスト>ISPのサーバーにリクエストが送信され、衛星からストリーミングサービスへ配信>ストリーミングサービスは、数百万曲の中からあなたの曲を検索>ストリーミングサービスに配信>デジタルファイルとして衛星からISPに送信 >ISPから自宅モデムにケーブルまたは無線接続で送信>モデム/ルーターはあなたのデバイスに曲を送信。モデム/ルーターが端末に曲を送信、端末がオーディオシステムに曲を送り、オーディオシステムが曲をアナログに変換してスピーカーに送る" という流れです。

技術的な観点から見ると、音楽のストリーミングは、実際には信じられないほど複雑で、途中で多くのステップがあり、あなたの雰囲気を台無しにする可能性があります。私たちが扱うユーザーインターフェイスはシンプルですが、実際にすべてを実現するには、多くのデジタル可動部品と膨大なテクノロジーが必要です。

ルーターは正常に動作していますか?

ケーブル会社やISPが提供するルーターは、最小限の接続デバイスを持つ小さな範囲では問題ありませんが、自宅がそれよりも大きい場合や接続デバイスの束を持っている場合、オーディオが影響を受けることになります。ルーターがオーディオシステムから遠い場合、これらの問題は拡大します。ドロップアウトに対処するか、忠実度の損失となる低いビットレートに対処する必要があります。堅牢なホームオーディオネットワークの構築を真剣に考えるのであれば、まず最初に、ケーブル会社の標準的なルーターを捨てて、より強力なものにすることを検討すべきです。

リピーターまたはアドオンルーターを追加するだけで問題が悪化します。低速ギアは、それだけで他のすべての速度を低下させないので、あなたが可能な限り最高のストリーミング体験をしたい場合は、適したルーターを準備する必要があります。

聴く前にソフトウェアのアップデートをする

アプリのアップデートを知らせるプッシュ通知には常に注意を払い、すぐにアップデートしましょう。お気に入りのチェアに座って、音楽を聴いて間にすべてのアプリが短時間で更新されるので、1時間も待つといったことはないでしょう。

音声や映像は5GHz帯、冷蔵庫や照明は2GHz帯での管理

5GHz帯はストリーミングに必要な帯域幅に最適です。ハイエンドなデバイスは、高い方の帯域で、ローエンドなデバイスは低い方の帯域で利用するようにしましょう。ただし、いくつか注意すべき点があります。5GHz帯を使う場合、ルーターと機器の距離はできるだけ短くする必要があり、また、文字通り視線に近い距離である必要があります。パイプや電線でいっぱいの壁は、高い周波数での無線通信に大きな影響を与えます。疑問がある場合は、オーディオビデオシステムにルータをケーブルで接続し、これらの懸念を払拭します。

ネットワーク・ルーターのチャンネルを選択するときは、20MHz幅で行ってください。それはより広い(40 MHzまたは80 MHz)を行くために直感的に思えるかもしれませんが、あなたがやっているすべては、オーディオチャネルに干渉する他のネットワークトランスミッタを許可されています。

高解像度であればあるほど、負担は大きくなる

ストリーミング・サービスのサーバーからお客様のシステムへ楽曲を届けるまでの一連の流れを考えると、データが高密度であればあるほど、時折不具合が発生する可能性が高くなるのは当然のことです。高解像度のオーディオやビデオはデータ密度が高いので、ドロップアウトが発生する可能性が高くなります。ワイヤレスシステムは、ISPから送信要求から実際の歌や映画の再生までのすべてを含むことが分かっていますが、可能な限り堅牢でなければ、問題は避けられないでしょう。基本的には、不便さを我慢するか、サポートするネットワークを充実させることでオーディオシステムが最適に動作するよう、最善の機会を与えるかのどちらかを選択することになります。そうでなければ、ストリーミングサービスのメニューで解像度を下げ、妥協点を受け入れることになります。

あなたのWAPは、それが解決するために想定された問題を引き起こしていますか?

ワイヤレス・アクセス・ポイント(WAP)がトラフィックの少ないチャンネルを探すためにチャンネルからチャンネルへ変換するよう設定されている場合、ドロップアウトまたはクリックの形で気づくかもしれません。最初の数分間は、WAPが最適なチャンネルに落ち着くため、このような現象が発生しても不思議ではありませんが、その後も変化しない場合、20~30秒ごとにポップ音やドロップアウトの発生がする可能性があります。

また、メッシュ・ネットワーク、レンジエクステンダー、マルチ・ホップシステムも、チャネルホッピングやワイヤレスデータの処理増加による遅延やドロップアウトを気にしないのであれば、問題を悪化させる「治療法」です。ホーム・オーディオ・ネットワークのような複雑なシステムでは、可能な限りシンプルであるこ目標であるべきです。このことを念頭に置いて、クオリティの高い機材が必要となります。標準的なルーターとモデムを使用している場合は、このことを思い出してみてください。

ネットワークデータの制限はございませんか?

ISPがダウンリンクを制限することがあり、その結果、システムが実際には3Mbps以上あっても、125kbpsという低いビットレートになる場合があります。ダウンリンクが制限されることで、切断という迷惑な状況に陥る可能性があります。スロットルされたデータに対処しなければならない場合、ストリーミングサービスのメニューで解像度を低く設定していただくことをおすすめします。

コーナーをカットすることはできません

あなたのネットワークを堅牢にするために追加のWAPを追加しようと考えている場合は、メイン・ルーターとWAPの接続は、Cat - 6ケーブルでの配線を検討する必要があります。すでにネットワークにWAPを繋ぐだけで、ネットワークに多くの負担がかかり問題を悪化させています。

ネットワークの問題は、固有のアルゴリズムによって解決されることがありますので、我慢してください。通信衛星やケーブルシステムのヘッドエンドなど、遠く離れた場所で発生した問題が、一見オーディオ・システムの問題のように見えても、実際には何の関係もないことがあります。問題が解決しない場合や、ITにお詳しくない方は、ISPや信頼できるお近くのオーディオ専門店にご相談ください。

ワイヤレス・オーディオ・システムが接続されているネットワークが可能な限り堅牢であることを確認し、期待するものをすべて提供できるようにしてください。ハイエンド・オーディオを性能の悪いネットワークに接続すると、性能が低下するだけとなり、誰も得することがありません。

KEF正規販売店を探す

これらの受賞モデルのデモ体験は、お近くのKEF正規販売店にてご予約ください。

KEF正規販売店を探す
myKEFへようこそ
ログイン

KEFエクスペリエンスを最大限に活用する

高品質なKEFエクスペリエンス。さらなるメリット

アカウント作成
カートに商品はありません
すべての割引価格はカートページに表示されます
まだサインインしていません。サインインするか、 myKEFアカウントを作成してKEFを最大限にお楽しみください。
カート (0 製品)