技術の壁を突き破れ

すべての芸術の中で、「音楽は最も明確でなく、最も表現力があり、最も実体がなく、最も即時性があり、最も儚く、最も不滅である。」電線に沿った電子のダンスに姿を変えても、その亡霊は生き続けている。KEFは、音楽を本来あるべき場所、つまりあなたの耳と心に戻すとき、誇張も作為もなく、最も自然な方法でそれを行うことを目指しています。"

- レイモンド・クック KEFの創業者

KEFの創業者であるレイモンド・クックのこの有名な言葉は、私たちKEFが日々目指していることのすべてを雄弁に物語っています。しかし、彼が実際に何を言っているのか、少し掘り下げてみましょう。私は先週末、オーディオシステムに大きなアップグレードを行いました。アンプを買い替え、LCR用のスピーカーをLS50からLS50 Metaに変更しました。中には非常に細かいアップグレードも行いました。

クラシックからファンク、ロックに至るまで、音楽は非常に深い質感を持っています。また、その音楽は独自の生命を宿していました。長年、世界最高峰のオーディオシステムを聴いてきた私は、たとえ小さな変化であっても、音の質に大きな違いが出ることを十分に理解していましたが、自分のささやかなリスニングスペースでこれほどの音が出るというのは、驚きの連続でした。私は、地元のオーディオショップによく出入りしていた学生のような気分で、絶対に買えないと思っていた機材を眺めながら、その日を夢見ていました。

ここで引用に戻りましょう。

クックが言っているのは、私たちKEFは、保存されている音楽の演奏を、オリジナルの演奏時と同じように感じることができるように再生するビジネスをしている、ということです。このシンプルな考え方が、音楽とオーディオのプロフェッショナルの基盤となっているのです。人類の歴史上、100年余り前までは、音楽の演奏はその瞬間にしか存在しませんでした。音符が弾かれ、メロディが歌われると、もうその場から消えていく。残るのは、聴き手がその体験と感動を記憶する、消えゆく記憶だけでした。

そして、人類はディスクやテープに演奏を保存する方法を学び、世界が変わりました。音楽が生き続けることができるようになり、たとえ聴いた音があまりよくなかったとしても、誰が気にするでしょうか。音楽は幽玄なものから物理的なものへと移行したのです。しかし、問題は、私たちとオリジナルの演奏との間に、必然的に多くの技術的なものが介在していたことです。音楽を届けるためにエレクトロニクスやスピーカーのような機械的なものが必要だったのですが、そういったものはすべて不完全で、演奏と私たちの耳の間に壁を作ってしまうという、諸刃の剣だったのです。

しかし、ビートルズやモーツァルトなどの天才的な音楽を、自宅のリビングルームで、しかもレコード盤を載せるだけで聴くことができるというのは、興奮冷めやらぬ出来事です。だから、もしその音源に雑音があったとしても、それは仕方がないことです。

科学は音楽の美しさを私たちに教えてくれましたが、その反面、私たちとオリジナルとの間に壁を作るという妥協がありました。1950年代のHi-Fiの夜明け以来、科学的知識は着実に広がり、オリジナルの演奏とリスナーの間の壁は薄くなりましたが、それはまだ無くなることはありません。ありがたいことに、科学は決して休むことなく、私たちは長年にわたって、音楽と私たちを隔てる技術の壁をできる限りなくす方法を学んできました。それは、CDの登場という大きな飛躍の時もあれば、ハイレゾ音源のストリーミングという新しい流行という小さな変化の時もあります。

さて、システムのアップグレードの話に戻りましょう。

アップグレードしたシステムを聴いていると、予想以上に技術の壁が崩れ始めているのがわかります。完全に崩れたとまでは言いませんが、かなりオリジナルに近づいたと言えます。定量的な表現が難しいのですが、技術が向上するに伴い、音楽がより私の心と体に入ってくるが分かりました。エレクトロニクスやメカニックがオリジナルと私の耳の間に常に押し付けていた「誇張」や「作為」を一切排除して、純粋な音源が私の耳に入ってくるようになりました。このことは、信じられないような、本気で驚くような発見でした。

しかし、ビートルズやモーツァルトの天才的な音楽を、リビングルームで、しかもレコード盤を針に乗せるだけで聴くことができるというのは、いつまでも興奮が冷めません。だから、多少の雑音があったとしても、それはそれでいいのです。

だから、オーディオの旅は何なのかと聞かれたら、答えは簡単です: 私たちは皆、自分と愛する音楽との間にある技術の壁を壊そうとしているのであり、それを実現する唯一の方法は、透明であること、つまり文字通り透明感のあるサウンドです。その素晴らしい技術が、実際にスタジオやコンサートホールに近づいていくのを聞いて、私は驚きを隠せません。

そして、私たちが使用するスピーカーなどの機材が音楽をそのまま残すことができるように努力してくれていることに、二重に感謝します。  

ジャック・シャーキー 

KEF正規販売店を探す

これらの受賞モデルのデモ体験は、お近くのKEF正規販売店にてご予約ください。

KEF正規販売店を探す
myKEFへようこそ

myKEFコミュニティにご参加ください

メンバー登録すると、限定オファーや特典をご利用いただけます。

アカウントを作成する
カートに商品はありません
すべての割引価格はカートページに表示されます
まだサインインしていません。サインインするか、 myKEFアカウントを作成してKEFを最大限にお楽しみください。
カート (0 製品)