スピーカー接続テスト

スピーカー接続テスト

スピーカー接続テストとは何ですか?

KEF Connectのスピーカー接続テストでは、KEFワイヤレス・スピーカー・システムで利用可能なネットワーク帯域幅を表示します。これは、ランダムなサーバーからスピーカーにファイルをダウンロードすることで、インターネットサービスプロバイダー(ISP)やサーバーの通信量によって提供される帯域幅から、ルーターとスピーカー間の接続速度まで、ネットワークのあらゆる段階を検証します。また、このテストにより表示されるもう一つの値は「ping」です。これは、サーバーへの送受信を確認するために使用する信号で、どのくらいの接続時間がかかるかを遅延を示しています。

それぞれ異なるサービスごとに、必要なスピードは何ですか?

音楽ストリーミング・サービスがそれぞれ取り扱うオーディオ・ファイル・サイズによって、推奨スピードが異なります。
サービス
推奨最低帯域幅
Tidal (Master tier)
2 Mbps
Amazon Music (Ultra HD)
5-10 Mbps
Amazon Music (HD) 
1.5 – 2 Mbps 
Deezer 
5 Mbps 
Qobuz
10 Mbps
なお、これらは各サービスが推奨する最小の専用速度です。 

これは、ネットワークの総帯域幅が、ネットワーク上のすべての機器が必要とする総帯域幅を上回っていなければならないことを意味しています。アクティブなネットワーク機器が必要とする帯域幅が、利用可能な帯域幅よりも大きい場合、速度の低下やパフォーマンスの低下、音の途切れなどが発生する可能性があります。これは、ウェブ閲覧やファイルのダウンロードではそれほど問題になりませんが(遅くなることを除いて)、音楽ストリーミングでは特に問題になります。

テスト・スコアが、ISP(インターネットサービスプロバイダー)と契約しているスピードより低く表示されました。何故ですか?

ISP(インターネットサービスプロバイダ-)が提供する帯域幅は、「最大〇〇まで」と謳われていますが、これはお客様のネットワークに適応する最大の帯域幅となりベストエフォート方式といわれます。この帯域幅は、プロバイダーのケーブル品質や契約書の「公正使用」条項、同じサーバーにアクセスする人の数など、さまざまな要因によって影響を受けます。 

また、ISPが掲示する最大の帯域幅を得ていたとしても、ご自宅のネットワークが障害になっている可能性があります。主な要因としては、干渉、障害物、ルーターと機器の間の距離などがあります。また、時間帯によっても影響があります。例えば、お住まいの地域でインターネットを利用する人が多ければ、帯域幅が狭くなります。しかし、いくつかの簡単な方法を試すことで、テスト・スコアを大幅に改善することができます。

テスト・スコアが他の検証値より低いのは何故ですか?

インターネット接続テストは、多くの場合、「理論上の最良シナリオでの速度」を掲示する様に最適化されており、ISPが提供する数値として適切な指標とはなりますが、KEFスピーカーシステムが利用できる帯域幅を具体的に示すものではありません。KEF Connectのスピーカー接続テストは、スピーカーシステムを通常使用する環境で、より正確に表示します。
KEF Connect
その他
テストに使用されるサーバー
ランダム
(実用環境)
近似値
(最適化、非現実)
接続可能数
One
(お客様のKEFスピーカーシステムとして機能)
できる限り多くの(
…にダウンロードされたファイル
KEF スピーカーシステム
(ネットワークへのシステム接続の質を示す要素)
電話/コンピューター
(質がより良い/悪い ネットワークエリアの可能性)

ネットワーク機能を改善するために

帯域幅を改善するにはいくつかの方法があります。パソコンやWi-Fiルーターの知識を必要としない簡単なものもあれば、ルーターの設定を変更するなど、少し高度なものもあります。必ずルーターのマニュアルを参照し、疑問がある場合は専門家に相談してください。

まず、スピーカーシステムがWi-Fiルーターにどのように接続されているか、イーサネットケーブルで有線接続されているのか、ワイヤレスで接続されているのかを確認することが重要です。

イーサネット・ケーブルで接続されている場合は、 こちら をクリック
ワイヤレス接続の場合は、こちら をクリック

ワイヤレス接続のトラブルシューティング(基本編)

ワイヤレス接続を使用している場合の手順です。これらの手順は、ルーターの設定を変更する必要はありません。

1. ルータのファームウェアが更新されていることを確認しましょう。
いかなる電子機器における基本的なステップです。ファームウェア更新により、既知のバグや不具合に対処できる可能性があります。

2. Wi-Fiルーターを再起動しましょう。
Wi-Fiルーターは基本的にパソコンと同じ様なものであり、同様の障害で影響を受けます。バグや一時的なエラーが原因でメモリを使いすぎていたり、ルーターが過熱していたりすることがあります(密閉された空間に置かない理由の1つです!)。また、IPアドレスの競合が発生する場合もあります。ルーターを再起動することで、これらの問題を解決することができます。また、定期的に(2ヶ月に1度、またはネットワークが通常よりもかなり遅くなったと思われるときに)実行する必要があります。
※ルーターのリセット等は、お取り扱い説明書をご参照ください。

3. ルーターにイーサネットケーブルで接続してましょう。
必ずしも可能とは限りませんが、もし可能であれば、ケーブルで接続することで以下の問題が解消されます。

4. ルーターとデバイスの距離を縮めてみましょう。
Wi-Fi信号は”音”のようなもので、離れれば離れるほど「届きづらく」なり、利用できる帯域幅が少なくなります。

5. 送信機器をスピーカーから遠ざけてみましょう。
コードレス電話、IH機器、電子レンジ、Bluetooth機器、無線カメラシステム、ルーターなどの送信機器は、近すぎると干渉を起こすことがあります。トラブルシューティングとして、近くの送信機器の電源を切り、KEFスピーカーシステムのネットワークパフォーマンスが改善されるかどうかを確認してみましょう。改善された場合は、機器間の距離を遠ざけてみてください。

6. ルーターと機器の間の障害物を減らしてみましょう。
距離の場合と同様に、障害物があると信号が遮断され、帯域幅が狭くなります。金属が最も悪い影響を与えます(鉄筋コンクリート、鏡の裏など)。次にコンクリート、石膏、レンガが続きます。これは、ルーターを地下室や階段下の収納庫などに置かない理由のひとつです。

7. Wi-Fiルーターが別の部屋にある場合は、2.4GHz帯に切り替えてみましょう。
最近のWi-Fiルーターはほとんどがデュアルバンドです。つまり、2.4GHz帯と5GHz帯の両方で送信します。5GHz帯は、潜在的な帯域幅は広いですが、通信距離が非常に短く、障害物の影響を強く受けます。2.4GHz帯は総帯域幅が狭くはなりますが、ルーターとスピーカーが同じ部屋にない場合は、2.4GHz帯を選択した方がよい場合もあります。

8. 集合住宅の場合や、ネットワーク機器を多数所有している場合は、5GHz帯を試してみましょう。
2.4GHz帯に多くの機器を接続している場合は、利用可能な帯域幅がほとんど残っていない可能性があります。KEFのスピーカーシステムがWi-Fiルーターの近くにあり、障害物がほとんどない場合は、5GHz帯に接続して帯域幅を増やしてみてください。障害物がある場合は、Wi-Fiルーターにより近いネットワーク機器を5GHz帯に移行して、2.4GHz帯の帯域幅を確保しましょう。この方法は、集合住宅にお住まいの場合にも、周囲のネットワークがあなたのネットワークに干渉している可能性があるため、有効です。

ワイヤレス接続のトラブルシューティング(上級編)

これらの手順は上級編で、ルーターの設定を変更する場合があります。必ずルーターのマニュアルに従うか、専門家に相談してください。

1. バンドチャンネルを変更してみましょう。
2.4GHz帯も5GHz帯も、複数のチャンネルで構成されています。同じチャンネルを使用している他のネットワークが近くにあると、帯域幅を奪い合うことになります。その場合、「ネットワークアナライザ」アプリを使用して、どのチャンネルが混雑していないかを判断し、Wi-Fiルーターの設定で調整してください。この問題は、2.4GHz帯の方が通信距離が長く、帯域幅が狭いために発生しやすく、干渉の可能性や深刻度が高くなります。2.4GHz帯のチャンネルは重複しているため、1、6、11を選択するのがよいでしょう。チャンネル選択は多くの場合「自動」に設定されていますが、Wi-Fiルーターによってはチャンネルの入れ替えが可能なものもありますので、手動でチャンネルを設定するのも有効です。

5GHz帯のチャンネルについての注意点 - 国によっては、すべてのチャンネルが公開されているわけではありません。どのチャンネルが制限されているかについては、地方自治体に確認してください(ほとんどの場合、その国で正しくWi-Fiルーター設定がされていれば、制限付きチャンネルは自動的にオフになります)。

2. バンドステアリングを無効にしてみましょう。
Wi-Fiルーターの中には、「バンドステアリング」と呼ばれる機能を備えているものがあります。これは、Wi-Fiルーターがデバイスを5GHzまたは2.4GHzのどちらかに自動的に配置するというもので、その時のデバイスに最適な方を選択します。繰り返しになりますが、一部のWi-Fiルーターは他のWi-Fiルーターよりもこの機能が優れており、2.4GHzのネットワークに切り替えるよりも、弱い5GHzのネットワークに留まることを好むものもあります。

3. 複合SSIDを無効にして、2.4GHzと5GHzのチャンネルを別々に運用してみましょう。
一部の機器では、2.4GHzと5GHzの両方のチャンネルに同じ名前/パスワードを設定することができます。これは非常に便利ですが、デバイスによっては、5GHzの方がより適しているにも関わらずデフォルトで2.4GHzへ接続してしまったり、その逆も発生します。2.4GHzと5GHzのネットワークを別々に運用することで、どのデバイスをどのネットワークに置くかを管理でき、帯域幅の最適化に役立ちます。

有線接続のトラブルシューティング

有線接続をご利用の場合は、以下の手順に従いましょう。

1. Wi-Fiルータのファームウェアが更新されていることを確認しましょう。
いかなる電子機器における基本的なステップです。ファームウェア更新により、既知のバグや不具合を対処できる可能性があります。

2. Wi-Fiルーターを再起動しましょう。
Wi-Fiルーターは基本的にパソコンと同じような製品であり、同様の障害で影響を受けます。バグや一時的なエラーが原因でメモリを使いすぎていたり、ルーターが過熱していたりすることがあります(密閉された空間に置かない理由の1つです!)。また、IPアドレスの競合が発生する場合もあります。ルーターを再起動することで、これらの問題を解決することができます。また、定期的に(2ヶ月に1度、またはネットワークが通常よりもかなり遅くなったと思われるときに)実行する必要があります。
 
3. ケーブルに損傷や過度のねじれがないか確認しましょう。
ホームネットワーク用のケーブルの長さが問題になることはほとんどありません。(例えば、Cat 6 Ethernetは37m/121ftで10Gbpsを伝送できます)しかし、ケーブルが曲がりすぎていたり、破損していたりすると、パフォーマンスが低下することがあります。

4. 「ネットワークホームプラグ」を使用している場合は見直してみましょう。
これらのデバイスは、壁コンセント電源からの配線をイーサネットケーブルの延長として使用します。便利なソリューションではありますが、壁コンセント電源の配線品質や電気配線の接続方式に大きく依存するため、必ずしも期待通りに機能するとは限りません。

メッシュネットワークとWi-Fiエクステンダー

メッシュネットワークやWi-Fiエクステンダー(中継機)は、家庭内のネットワーク適用範囲を向上させる非常に便利なツールです。しかし、最高のパフォーマンスを得るためには、正しい設計と設置が必要です。以下の情報は、メッシュネットワークに関する検討事項をまとめたものです。より詳細な技術情報やメッシュネットワークの設定に関するサポートが必要な場合は、メーカーやネットワーク機器の専門店にお問い合わせください。

それらは、ルーターからのデータを受信し、それを接続する機器に送り届けるという、事実上の反復作業であることを覚えておきましょう。これにより遅延が起こり得り、有効な帯域幅によって制限も受けます。ルーターとノード(構成機器)間の接続は、前述同様、距離、障害物、干渉などに左右されます。

そのため、メッシュネットワークを設計したり、Wi-Fiエクステンダー(中継機)の設置場所を検討したりする際には、必要と思われる数よりも多くのノード(構成機器)を想定し、それらを近接して配置するようにします。これにより、潜在的な帯域幅を最大化することができます。

また、メッシュ技術は規格化されていない為にルーターメーカーによってメッシュ技術の取り扱いが異なり、ネットワーク機器との互換性に問題が発生する場合があります。KEFのワイヤレススピーカーシステムをご使用の際にこのような問題が発生した場合は、KEF Connectアプリからスピーカーのログを含めたサポートリクエストを送信してください。
myKEFへようこそ

KEFエクスペリエンスを最大限に活用する

高品質なKEFエクスペリエンス。さらなるメリット

アカウント作成
カートに商品はありません
すべての割引価格はカートページに表示されます
まだサインインしていません。サインインするか、 myKEFアカウントを作成してKEFを最大限にお楽しみください。
カート (0 製品)