LS50 Wireless 'Nocturne' By Marcel Wanders

  • セール
  • 通常価格 ¥298,000


2つの世界が融合

KEFの象徴であるLS50 Wirelessが、世界的著名デザイナーのMarcel Wandersの手により、従来にない全く新しいデザインに昇華しました。

AT A GLANCE:

OPT

24bit/
192khz

Appを制御

COMPATIBLE WITH:


サウンド

SOUND

LS50 Wirelessは、BBCモニタースピーカー を開発したKEFの技術の粋を凝縮しました。

LS50 Wirelessは、BBCモニタースピーカー を開発したKEFの技術の粋を凝縮しました。


"The LS50 Wireless speaker system packs big sound—along with plenty of technology and cool style—in a little box. And yes, this Nocturne edition brings extra fun to late-night listening in a dark room. Day or night, it’s been a delight to have around. - Aug 2018

THE ABSOLUTE SOUND

"Our award-winning LS50 Wireless has once again won the heart of WHF tech expert judges which keeps our LS50 Wireless their Product of the Year for a second year running." - 2018

BEST ALL-IN-ONE SYSTEM – WHAT HI-FI? AWARD



"The LS50 Wireless speaker system packs big sound—along with plenty of technology and cool style—in a little box. And yes, this Nocturne edition brings extra fun to late-night listening in a dark room. Day or night, it’s been a delight to have around. - Aug 2018

THE ABSOLUTE SOUND

"The LS50 Wireless speaker system packs big sound—along with plenty of technology and cool style—in a little box. And yes, this Nocturne edition brings extra fun to late-night listening in a dark room. Day or night, it’s been a delight to have around. - Aug 2018

THE ABSOLUTE SOUND

"Our award-winning LS50 Wireless has once again won the heart of WHF tech expert judges which keeps our LS50 Wireless their Product of the Year for a second year running." - 2018

BEST ALL-IN-ONE SYSTEM – WHAT HI-FI? AWARD


DESIGN STORY

HiFi in the New Age

LS50 Wireless Nocturneは、オランダのデザイナーMarcel Wandersと 共同でデザインされました。
Marcel WandersのコンセプトとメッセージがこのNocturneのUni-Q ドライバーとフロントバッフルのグラフィックに反映されています。 美しい夜景をイメージして、音符等が装飾・フィーチャーされています。 夜光塗料により、グラフィックが暗闇でほのかに浮かび上がります。

LS50 Wireless Nocturneは、オランダのデザイナーMarcel Wandersと 共同でデザインされました。
Marcel WandersのコンセプトとメッセージがこのNocturneのUni-Q ドライバーとフロントバッフルのグラフィックに反映されています。 美しい夜景をイメージして、音符等が装飾・フィーチャーされています。 夜光塗料により、グラフィックが暗闇でほのかに浮かび上がります。

マルセル・ワンダースについて

Marcel Wanders(マルセル・ワンダース)は、1,900以上の代表的なプロジェクトを獲得したアムステルダムの有力プロダクト&インテリアデザインスタジオです。マルセル・ワンダースは、Alessi(アレッシイ)、Baccarat(バカラ)、Bisazza(ビザッツァ)、Christofle(クリストフル)、Decorté(デコルテ)、Flos(フロス)、KLM(オランダ航空)、Hyatt Hotels Corporation(ハイアットホテル)、Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)、Morgans Hotel Group(モーガン ホテル)、Puma(プーマ)などのプレミアムブランドと協業しています。マーセル・ワンダースの創造的なリーダーシップと指導のもと、2014年以来クリエイティブ・ディレクターを務めるGabriele Chiave(ガブリエル・チャーブ)の支援を受け、50人以上のデザインとコミュニケーションの専門家を擁しています。マルセル・ワンダースの27年に及ぶデザインの歴史は、ポンピドー(FR)、MoMA(US)、Stedelijk Museum Amsterdam(NL)など、世界で最も有名な美術館で称えられています。

マーセル・ワンダースがもっとも重視するのは、人の感覚をデザインに取り戻し、デザイナー、職人、そしてユーザーが相まみえるようなデザインの「新時代」と呼ばれるものを紹介することです。 そのプロセスにおいて、マーセル・ワンダースは教条主義的なデザイン論を拒否し、技術に偏ることなく全体的な解決を志向します。この世界観においては、冷たい工業主義が、現代の瞬間に生き生きと生きる様々な時代の詩、ファンタジー、ロマンスと置き換えられます。

マルセル・ワンダースについてもっと知るには、こちらをご覧下さい。

マルセル・ワンダースについて

Marcel Wanders(マルセル・ワンダース)は、1,900以上の代表的なプロジェクトを獲得したアムステルダムの有力プロダクト&インテリアデザインスタジオです。マルセル・ワンダースは、Alessi(アレッシイ)、Baccarat(バカラ)、Bisazza(ビザッツァ)、Christofle(クリストフル)、Decorté(デコルテ)、Flos(フロス)、KLM(オランダ航空)、Hyatt Hotels Corporation(ハイアットホテル)、Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)、Morgans Hotel Group(モーガン ホテル)、Puma(プーマ)などのプレミアムブランドと協業しています。マーセル・ワンダースの創造的なリーダーシップと指導のもと、2014年以来クリエイティブ・ディレクターを務めるGabriele Chiave(ガブリエル・チャーブ)の支援を受け、50人以上のデザインとコミュニケーションの専門家を擁しています。マルセル・ワンダースの27年に及ぶデザインの歴史は、ポンピドー(FR)、MoMA(US)、Stedelijk Museum Amsterdam(NL)など、世界で最も有名な美術館で称えられています。

マーセル・ワンダースがもっとも重視するのは、人の感覚をデザインに取り戻し、デザイナー、職人、そしてユーザーが相まみえるようなデザインの「新時代」と呼ばれるものを紹介することです。 そのプロセスにおいて、マーセル・ワンダースは教条主義的なデザイン論を拒否し、技術に偏ることなく全体的な解決を志向します。この世界観においては、冷たい工業主義が、現代の瞬間に生き生きと生きる様々な時代の詩、ファンタジー、ロマンスと置き換えられます。


マルセル・ワンダースについてもっと知るには、こちらをご覧下さい。

マルセル・ワンダースについて

Marcel Wanders(マルセル・ワンダース)は、1,900以上の代表的なプロジェクトを獲得したアムステルダムの有力プロダクト&インテリアデザインスタジオです。マルセル・ワンダースは、Alessi(アレッシイ)、Baccarat(バカラ)、Bisazza(ビザッツァ)、Christofle(クリストフル)、Decorté(デコルテ)、Flos(フロス)、KLM(オランダ航空)、Hyatt Hotels Corporation(ハイアットホテル)、Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)、Morgans Hotel Group(モーガン ホテル)、Puma(プーマ)などのプレミアムブランドと協業しています。マーセル・ワンダースの創造的なリーダーシップと指導のもと、2014年以来クリエイティブ・ディレクターを務めるGabriele Chiave(ガブリエル・チャーブ)の支援を受け、50人以上のデザインとコミュニケーションの専門家を擁しています。マルセル・ワンダースの27年に及ぶデザインの歴史は、ポンピドー(FR)、MoMA(US)、Stedelijk Museum Amsterdam(NL)など、世界で最も有名な美術館で称えられています。

マーセル・ワンダースがもっとも重視するのは、人の感覚をデザインに取り戻し、デザイナー、職人、そしてユーザーが相まみえるようなデザインの「新時代」と呼ばれるものを紹介することです。 そのプロセスにおいて、マーセル・ワンダースは教条主義的なデザイン論を拒否し、技術に偏ることなく全体的な解決を志向します。この世界観においては、冷たい工業主義が、現代の瞬間に生き生きと生きる様々な時代の詩、ファンタジー、ロマンスと置き換えられます。

マルセル・ワンダースについてもっと知るには、こちらをご覧下さい。

仕様

詳しく

仕様

寸法

(高さ x 幅 x 奥行き):
300 x 200 x 308 mm (11.8 x 7.9 x 12.1 インチ)

 

重さ

Lchスピーカー10.0 kg (22.0 lbs)
Rchスピーカー10.2 kg (22.5 lbs)

 

WI-FIネットワーク標準 & 周波数帯

IEEE 802.11 a/b/g/n
デュアルバンド 2.4 GHz /5 GHz

 

使用ユニット

Uni-Qドライバーアレイ:
HF:25 mm(1インチ)
ベンテッド・アルミドーム
LF/MF:130 mm(5.25 インチ)マグネシアム/アルミ合金

アンプ出力

LF: 200 W     HF: 30 W

 

ブルートゥース 通信範囲 & メモリ

10 m
8 機器

 

解像度

最大 24 ビット
音源の解像度により異なる

 

サンプリングレート

最大 192 kHz(USBタイプB)
最大 96 kHz(TOSLINK光入力)
音源の解像度により異なる

 

最大出力

(SPL) 106 dB

 

WI-FI 対応ストリーミングサービス

Tidal & Spotify

 

周波数特性

(-6dB) 85dB/1mで測定
40Hz~47kHz(低音伸張モード)
43Hz~47kHz(スタンダード)
46Hz〜47kHz(低音制御モード)
スピーカー設定によって異なる

 

周波数特性

(±3dB) 85dB/1mで測定
45Hz~28kHz(低音伸張モード)
50Hz~28kHz(スタンダード)
61Hz~28kHz(低音制御モード)
スピーカー設定によって異なる

入力

2.4GHz/5GHz デュアルバンドWi-Fiネットワーク
Bluetooth 4.0、aptX®コーデック
USB タイプB
TOSLINK光入力
RCAアナログライン入力
10/100 Mbps RJ45
Ethernet(ネットワークとサービス用)

 

製品サポート

詳しくはこちら

 

書類をダウンロード

Brochure
クイックスタートガイド
情報シート

 

KEFは、継続的な研究と開発に従って、仕様を改正または変更する権利を有します。脱漏による誤謬、不作為の誤りはこの限りではありません。

アワード/レビュー

Editor's Choice - Hi-Fi Choice

"A stunningly stylish, low-clutter, do-it-all system that sounds simply wonderful with anything you play." — 2018
 

best compact music system - AV Tech media awards 2017/18

"This is a game changer that raises the bar for active wireless loudspeakers everywhere." — 2018

BEST ALL-IN-ONE SYSTEM – WHAT HI-FI? AWARD

"Our award-winning LS50 Wireless has once again won the heart of WHF tech expert judges which keeps our LS50 Wireless their Product of the Year for a second year running." - 2018
Full review

Trusted ReviewS

"An outstanding active speaker system that brings hi-fi sound and plug-and-play convenience together for performance that can’t be topped.” - 2018
Full review

THE ABSOLUTE SOUND

"The LS50 Wireless speaker system packs big sound—along with plenty of technology and cool style—in a little box. And yes, this Nocturne edition brings extra fun to late-night listening in a dark room. Day or night, it’s been a delight to have around." — 2018
Full review

2018 PLUG AND PLAY SYSTEM OF THE YEAR – THE ABSOLUTE SOUN

“Visually arresting and sonically satisfying, the LS50 delivered tonal neutrality at just the right pitch, with superb sonics, full-bodied presence and potent midbass punch … [The LS50 Wireless] is an all-in-one version of this same speaker which includes built in amplification, DAC, streaming preamp (TIDAL and Roon ready), and DSP room EQ that gives you the same sonics without any need for outboard electronics. Thanks to its beautifully crafted high-density enclosure – an ideal platform for the space saving Uni-Q – there’s little in the way of cabinet resonances or port colorations. Imaging is as clean and pinpoint-precise as you’d expect from KEF.” — 2018

diapason d'or 2017 award - diapason

"Plus points: musicality and high technology. Minus points: nothing of note." — 2017

 

Hall of Fame – WHAT HI-FI? AWARD

"KEF has taken a pair of Award-winning speakers and transformed them into the hi-fi of the future" — 2017
Full review

Product of the Year - BEST ALL-IN-ONE SYSTEM OVER £1000 - WHAT HI-FI? AWARD

"Despite all this clever thinking and implementation, it's performance that makes the LS50 Wireless our Systems Product of the Year...KEF has done a terrfic job here. It has taken the Award-winning LS50s and made them an even better propositions...It's your hi-fi system of the future, here and now." — 2017  Full Review

 

BEST ALL-IN-ONE SYSTEM OVER £1000 -
WHAT HI-FI? AWARD

"These KEF Wirelesses are way more than just active versions of the award-winning LS50s. They’re a complete system wrapped in a neat and brilliant package." KEF LS50 Wireless, What Hi-Fi?  — July 2017   Full Review
 

Reviewers' choice award – soundstage! acess

"KEF’s LS50 Wireless is an outstanding loudspeaker. Its build quality, finish, and technical prowess are beyond reproach, and its sound quality remains faithful to both KEF’s design principles and to the original LS50." — 2017

 

Best Buy Award - HIFICRITIC

"This compact, fully active, remotely controlled point source design is a technical and acoustic tour de force. It’s an obvious Best Buy." — 2017

gramaphone magazine

"LS50 Wireless is indubitably a very tempting introduction to an ‘alternative universe’ of home audio, one which I am sure will find favour with many users, as much for its captivating sound quality as its remarkable flexibility and simplicity."  — 2017

 

hi-fi news

"It really could, and deserves to be, a game-changer." — 2017

WHAT HI-FI

"More than just active versions of the Award-winning LS50s, it's a complete system wrapped in a brilliant package."  — 2017  Full review

 

6 stars award - av ceasar

 

wired magazine

"KEF has taken its iconic LS50 speakers and given them an updated wireless makeover." — 2017

 

digital trends

"The speakers soared with every piece of media we threw at them." — 2017  Full review 

Five-Star Review - What Hi-Fi?

"Is this what the hi-fi system of the future should look like? We certainly hope so."  — 2017  Full review 
 

Hi-Fi+

"This is one of the best and most important products we’ll see all year.”  — 2017  Full review 

Oracle Time

“The two compact speakers are beautifully curved and, best of all, already include high performance amplifiers, digital sound technologies and wireless tech, so there’s no need for extra boxes or wires cluttering up your living space.” — 2017  Full review 
 

mix magazine

“The enclosures are solidly built, and the fit, finish and color options are beautiful….It’s a beautiful high-end system for the home, where the bountiful I/O, remote control with app, and wireless options fits perfectly.”  — 2017  Full review 

les numeriques

Best of the 2 worlds, digital and traditional.” — 2017  Full review 

 

HOT 100 - THE ULTIMATE LIST OF TODAY'S TOP TECH, GADGETS AND PEOPLE - T3

“Your ears are in for a treat."  — 2017

The big black book - esquire

British hi-fi at its wireless best” — 2017

 

choc classica award - classica magazine

“FOR : rich, full, seamless dynamics ; AGAINST : nothing."  — 2017

stereonet

"Like the predecessor, LS50 Wireless managed to construct a sound stage far greater in size than what such a small speaker should be capable of… Setup could not be easier… The connectivity options are all apparent and plentiful. Sound quality is refined and reference grade..." — 2017  Full review

 

PRODUCT OF THE YEAR - Darko.Audio

Full review

ビデオガイド

開梱および使用開始

ワイヤレス経由のセットアップおよび操作

有線での接続および操作

サウンド設定

FAQ

システムについて

LS50 Wireless は私の機器で再生できますか?

LS50 Wireless は豊富な入出力を備えており、ご家庭のさまざまな機器と接続してお楽しみいただけます。ワイヤレスも含め、下記のような手段があります。

  • Wi-Fi:スマートフォン、タブレット、Windows PC、MAC、DLNA制御のNAS
  • ブルートゥース:スマートフォン、タブレット、Windows PC、MAC
  • USB-B:Windows PC、MAC
  • 光デジタル:テレビ、BDプレーヤー/レコーダー、CDプレーヤー、ゲーム機など
  • RCAアナログ:スマートフォン、タブレット、オーディオプレーヤー• サブウーファー出力:サブウーファー

LS50Wirelessでわがやのルーターは使えますか?

S50Wirelessは一般的なほとんどのルーターに対応しますが、技術的な詳細は下記のとおりです。

  • IEEE802.11a/b/g/nをサポートしていること
  • セキュリティプロトコルWPA2、ミックスモードWPA2/WPA、WEP、オープンネットワークであること。セキュリティの観点からオープンネットワークは推奨できません。
  • WEPは旧式で問題を惹き起こす可能性があります。セキュリティプロトコルWPA2を推奨いたします。詳細はルーターの説明書をご覧下さい。
  • チャンネル1-11(2.4GHz)、チャンネル36,40、44、48(5.2GHz)、チャンネル149、153、157、161、165(台湾5.8GHz)をサポートします。ご家庭の他の機器との混信を避けて設定して下さい。


留意点:Wi-Fi経由でハイレゾファイルを再生する場合は、 5GHz帯で1300Mbps以上の伝送速度が最低でも必要です。

LS50Wirelessについてさらに詳細な仕様が知りたい。

Wi-Fi:
デュアルバンド2.4GHz/5GHz
DLNAデジタルメディアレンダラー

ブルートゥース:
アンドロイド2.3以降、iOS6.0以降

USB:
Windows7以降、Mac OS X10.6以降

光デジタル:
PCM2ch

アプリ:
アンドロイド4.1以降、iOS7.0以降

リセットする必要がある場合は?

工場出荷状態にリセットするのは二つの目的がある場合です。

  1. ネットワーク経由でスピーカーをセットアップするとき
  2. 原因がわからない場合

 

リセットすると、次のようになります。

  1. Wi-Fiの設定が初期化されます。
  2. ブルートゥースデバイスの登録がクリアされます。
  3. EQの設定が初期化され、「Freespace」「Stand」モードになります。
  4. システムボリュウムが初期値に戻ります。
  5. スピーカーがWi-Fiモードに入り、セットアップのスタンバイ状態になります。

工場出荷時にリセットする方法は?

  1. クリップの先のような細い棒で背面の「Reset」ボタンを押します。
  2. グリーンの点滅が点灯状態になったら離します。

スピーカー間のケーブルは交換可能ですか?

LS50WirelessにはCAT-6対応の高品質金メッキ仕様のイーサネットケーブルが付属します。これと交換する場合は、高品質のCAT-5e以上のイーサネットケーブルをご用意下さい。

天板のライトが点滅している場合、どうすればよいでしょうか?

ソース切り替えボタンのブルートゥースとボリュウム下げアイコンが一緒に点滅しているなら、Lchスピーカーが正しく接続されていません。以下をご確認ください。

  1. Lchスピーカーの電源が入っているか
  2. スピーカー間を接続するケーブルが接続されているか
  3. スピーカー間を接続するケーブルがRch背面で誤ってLAN端子に接続されていないか
  4. 以上をご確認いただき、電源を入れ直してください

 

もし電源ボタンが点滅しているなら、システムエラーです。

  • お求めの販売店またはKEF JAPANサービス窓口までご連絡ください


もしAUX、光、ブルートゥースアイコンが同時に点滅しているなら、Lchスピーカーのシステムエラーです

  • お求めの販売店またはKEF JAPANサービス窓口までご連絡ください

ファームウェアアップデートはどうやって行いますか?

LS50Wirelessをいつもベストの状態でご使用いただくために、随時ファームウェアのアップデートをオススメします。バグフィックスや新機能の追加が行われるからです。ぜひお手持ちの製品をアップデートしてください。

KEF製品サポートページ(http://jp.kef.com/product-support)からファームウェアアップデートツールをダウンロードしてください。ツール内のPDFファイルの指示に沿ってスピーカーをアップデートしてください。

自分のスピーカーのファームウェアアップデートがあるか知るにはどうすればいいでしょうか?

すべてのLS50Wirelessユーザーに、新機能とバグフィックスをお届けするために、最新バージョンのファームウェアをオススメしています。

KEF製品サポートページ(http://jp.kef.com/product-support)からファームウェアアップデートツールをダウンロードしてください。ツール内のPDFファイルの指示に沿ってスピーカーをアップデートしてください。
 

オートスタンバイに至る時間を延ばす、あるいはOFFにするにはどうすればよいでしょうか?

初期出荷時は、アイドリング状態20分で自答的に電源スタンバイ状態に移行します。最新のファームウェアでは、スタンバイ状態になるまでの時間を延ばしたり、電源OFFにならないようにすることができます。

KEF製品サポートページ(http://jp.kef.com/product-support)からファームウェアアップデートツールをダウンロードしてください。ツール内のPDFファイルの指示に沿ってスピーカーをアップデートしてください。スタンバイのセッティングを変更するには、Rch背面の各ボタンを5秒長押しします。
 


古いファームウェアバージョンにはこの機能はありません。KEF製品サポートページにあるファームウェアアップグレードツールを使用してスピーカーを確認し、更新してください(http://international.kef.com/product-support).

マスタースピーカーを左チャンネルに設定できますか?

工場出荷時の設定では、マスタースピーカーは右チャンネルです。ただし、マスタースピーカーを左チャンネルに設定することは可能です

古いファームウェアバージョンにはこの機能はありません。KEF製品サポートページにあるファームウェアアップグレードツールを使用してスピーカーを確認し、更新してください(http://international.kef.com/product-support).

LS50 Wireless はプログラマブルIRリモコンで動作しますか?

はい。リモートコントロールメーカは、リモートコントロールにLS50ワイヤレスIRコマンドコードを実装できます。次の表に、LS50 Wirelessに割り当てられたすべてのコマンドコードのリストを示します。

表1: シリアル番号LS50W06255以前の製品は以下の8つのコードを読み取ることができます。


表2: シリアル番号LS50W06256以降のLS50ワイヤレスは、以下の19コードを読み取ることができます。*
 


*古いファームウェアバージョンにはこれらの機能コードが組み込まれていませんので、KEF製品サポートページ(http://international.kef.com/product-support)に記載されているファームウェアアップグレードツールを使用してスピーカーを確認し、更新してください。

個々のリモコンの互換性とサポートについては、リモコンの製造元にお問い合わせください。

Wi-Fi 伝送

Wi-FI伝送を始めたいのですが?

KEF LS50Wirelessアプリをインストールし、ガイドに従って設定します。

どんなルーターを使えば良いでしょうか?

安定した伝送を実現するには、デュアルバンドルーターをお勧めします。ハイレゾファイルを伝送するには、5GHz帯を使い、最低でも1300Mbps以上の性能が必要です。技術的な詳細は以下の通りです。

  • IEEE802.11a/b/g/nをサポートしていること。
  • セキュリティプロトコルWPA2、ミックスモードWPA2/WPA、WEP、オープンネットワークであること。セキュリティの観点からオープンネットワークは推奨できません。
  • WEPは旧式で問題を惹き起こす可能性があります。セキュリティプロトコルWPA2を推奨いたします。詳細はルーターの説明書をご覧下さい。
  • チャンネル1-11(2.4GHz)、チャンネル36,40、44、48(5.2GHz)、チャンネル149、153、157、161、165(台湾5.8GHz)をサポートします。ご家庭の他の機器との混信を避けて設定して下さい。
  • 留意点:Wi-Fi経由でハイレゾファイルを再生する場合は、 5GHz帯で1300Mbps以上の伝送速度が最低でも必要です。

ネットワーク上のLS50Wirelessに固有の名前を付けることはできますか?

KEF LS50Wirelessアプリで可能です。

「Settings」>「My speakers」

でLS50Wirelessを選択して「Speaker name」をタップして変更します。

新しいネットワークにどうやって接続すればよいですか?

工場出荷状態にリセットしてから、新しいルーターのネットワークに接続して下さい。

  1. クリップの先のような細い棒で背面の「Reset」ボタンを押します。
  2. グリーンの点滅が点灯状態になったら離します。
  3. 直後に、Wi-Fiアイコンが赤と白の点滅になります。この状態で、再度ネットワークの設定が可能になります。
  4. 「LS50Wireless」アプリで「Setup new speaker」を選択します。

ネットワーク伝送の安定性を向上させるには?

  1. ハイレゾファイルを伝送するには、5GHz帯を使い、最低でも1300Mbps以上の性能が必要です。
  2. 他のWi-Fi機器が干渉して音楽ストリーミングの安定性に影響を与える場合があります。ルーターのマニュアルを参照いただき、Wi-Fi分析アプリを使い信号を分析し、より良好なチャンネルを探してください。
  3. Wi-FI信号はご家庭の環境次第で変化します。スピーカーとスマートデバイスは良好なWI-Fi環境において下さい。.
  4. ストリーミング中には、Wi-FI信号が弱くなったり、データ伝送量が増えると、障害がおこるのが一般的です。
  5. ご家庭内の他のWi-Fi機器の伝送量が増えることでも同じことが起こりえます。伝送品質を保つためには、音楽再生中に大きなファイルのダウンロード/アップロードを控えていただくのがよいでしょう。
  6. BubbleUPnPのようなメディアプレーヤーのギャップレス再生機能をOFFにしていただくことで解決できる可能性もあります。

ときどきワイヤレス伝送が遮られるのですが?

伝送が一時的に途切れる症状は、Wi-Fiの信号が弱くなったり、転送データが思い場合に多くみられます。ご家庭内の他のWi-Fi機器の伝送量が増えることでも同じことが起こりえます。伝送品質を保つためには、音楽再生中に大きなファイルのダウンロード/アップロードを控えていただくのがよいでしょう。

他のWi-Fi機器が干渉して音楽ストリーミングの安定性に影響を与える場合があります。ルーターのマニュアルを参照いただき、Wi-Fi分析アプリを使い信号を分析し、より良好なチャンネルを探してください。.

セットアップに失敗し、Wi-Fiのアイコンが赤になりました。どうすればよいでしょうか?

セットアップに失敗しWi-Fiのアイコンが赤になった場合は、LS50Wirelessをリセットして再度セットアップし直して下さい。

その場合、次のように行います。

  1. クリップの先のような細い棒で背面の「Reset」ボタンを押します。
  2. グリーンの点滅が点灯状態になったら離します。
  3. 直後に、Wi-Fiアイコンが赤と白の点滅になります。この状態で、再度ネットワークの設定が可能になります。
  4. 「LS50Wireless」アプリで「Setup new speaker」を選択します。

何度セットアップを試みても失敗します。どうすればよいでしょうか?

  1. ルーターのパスワードが正しいかご確認下さい。
  2. ルーターを2.4GHz帯のチャンネル1に設定するのは避けてください。ルーターのチャンネルを変更する際には、ルーターのマニュアルをご確認下さい。
  3. LS50Wirelessがサポートするのは、チャンネル36、40、44、48(5.2GHz)、チャンネル149、153、157、161、165(台湾5.8GHz)です。ルーターのチャンネルを変更する際には、ルーターのマニュアルをご確認下さい。
  4. それでもなおセットアップできない場合は、販売店やサービス係にお尋ね下さい。

LS50WirelessのWi-Fiのアイコンは白く点灯しているのに、アプリ上にスピーカーが見つかりません。

この場合は、以下のように解決して下さい。

  1. アプリを再起動して下さい。
  2. 他のDLNAコントロールアプリをお持ちの場合は、そのアプリ上でLS50Wirelessが見つかるかご確認下さい。
  3. LS50Wireless本体を再起動して下さい。
  4. LS50Wirelessをリセットし、アプリを使ってセットアップをやり直して下さい。
  5. それでもなお症状が改善しない場合は、販売店やサービス係にお尋ね下さい。

LS50Wirelessは接続できているのに、再生がはじまりません。

従来のディスクプレーヤーなどと比較すると、データのバッファリングをするために再生がはじまるまで時間が掛かります。とくに容量の大きいハイレゾファイルの場合はすこしお待ち下さい。

  1. LS50Wireless本体がネットワークに繋がっているか、白いWi-Fiアイコンが点灯しているかをご確認下さい。
  2. アプリがLS50Wirelessを認識しているかご確認下さい。
  3. とくにハイレゾファイルの場合は、選曲してからしばらくお待ち下さい。
  4. 同時に沢山の操作を行わないで下さい。
  5. 問題が解決しない場合は、アプリを再起動して下さい。
  6. LS50Wireless本体を再起動して下さい。
  7. LS50Wirelessをリセットし、セットアップをやり直して下さい。
  8. それでも尚症状が改善しない場合は、販売店やサービス係にお尋ね下さい。

ふたつのデバイスから伝送ができますか?

同時にお使いいただくデバイスはひとつをお勧めいたします。二つのデバイスで音楽再生をするよりも、ひとつのメディアサーバーに音楽ファイルを集めてひとつのデバイスで再生いただく方が便利です。

LS50Wirelessアプリは、再生するソースによって使える機能が違うのでしょうか?

Wi-Fiモード以外でご使用のときはLS50Wirelessアプリで動作する機能には一部制限があります。詳細は以下の通りです。

LS50WirelessはDLNAをサポートしていますか?

はい。LS50WirelessはDLNAのレンダラーであり、他のDLNAサーバーの音楽を再生できます。

DLNAサーバーの音楽を再生できますか?

はい。LS50Wirelessアプリで左側のメニューをスワイプし、「Media Servers」をタップすればネットワーク上のメディアサーバーを選択できます。

LS50Wirelessアプリはハイレゾファイルをオリジナルのまま再生しますか?

はい。LS50Wirelessアプリは、変換やダウンサンプリングすることなく再生します。

LS50Wirelessはギャップレス再生機能を持っていますか?

いいえ。ギャップレス再生はサポートしていません。

Wi-Fiモードでサポートする音楽ファイルのフォーマットを教えてください。

LS50 Wirelessで利用できるオンライン音楽ストリーミングサービスはどれですか?

TIDAL、Spotify Connect は LS50 Wireless に統合されています。

古いスピーカーファームウェアとアプリバージョンにはこの機能がありません。スピーカーとアプリの両方を確認して更新してください。詳細については、KEF製品サポートページ(http://international.kef.com/product-support)を参照してください。

Pandora、KKBox、Apple Music などの他のストリーミングサービスについては、Bluetooth 接続を使用してスピーカーに音楽をストリーミングしてください。

Apple music サブスクリプション(ストリーミングサービス)にLS50Wireless アプリは対応していますか?

Apple musicサブスクリプション(ストリーミングサービス)はサポートしていません。iTunesライブラリーに楽曲を保存してから、LS50Wirelessアプリのプレーヤー機能を使って再生してください。
 

LS50Wireless は AirPlay に対応していますか?

LS50Wireless は AirPlay に対応していません。

Spotify Connectはどのように使用しますか?

Spotify Connect 機能にアクセスするには、Spotify Premiumサブスクリプションが必要です。 Spotify Connectを使用すると、Spotifyアプリケーションから直接 LS50 Wireless に音楽をストリーミングできます。

1. LS50 WirelessをWi-Fiネットワークに接続します。
2. 同じWi-Fiネットワークに接続している時に、スマートフォン、タブレット、ノートパソコンでSpotifyアプリを開きます。
3. 曲を再生し、Available Devicesを選択します。
4. LS50 Wirelessを選択し、再生を開始します。

Spotify接続等の使用方法の詳細については、次のWebページ(http://www.spotify.com/connect)を参照してください。

古いファームウェアバージョンにはこの機能はありません。KEFの製品サポートページ(http://international.kef.com/product-support)にあるファームウェアアップグレードツールを使用してスピーカーを確認し、更新してください。

リモコン

リモコンが反応しないのですが?

次のような可能性があります。

  1. 新品であれば、挿入されていたバッテリープロテクションを外してください。リモコンを裏返し、バッテリーの下の薄い透明なフィルムを引き抜いてください。
  2. リモコンのバッテリーが消耗しているかどうかご確認ください。背面のパネルを外し、新しいCR2032 3V電池と交換してください。
  3. LS50Wireless本体のRchとリモコンの間に赤外線の障害物がないかご確認ください。
  4. LS50Wireless本体との距離が、赤外線の到達範囲(約5m以内)にあるかご確認ください。

リモコンの反応が悪くなったのですが?

新しいバッテリーが必要です。裏蓋を外し、新しいCR2032 3V電池と交換してください。

リモコンに必要なバッテリーは?

CR2032 3V電池です。

リモコンで可能な操作は?

再生/停止、曲送り/曲戻しは外部入力と光デジタル入力時には使えません。

ブルートゥース再生

iOSデバイスでブルートゥース再生するには?

「設定」から「Bluetooth」をオンにします。

アンドロイドでブルートゥース機器を再生するには?

「設定」から「Bluetooth」をオンにします。.

ブルートゥース機器のリストにLS50Wirelessが出ません。

デバイスによってはLS50Wirelessの検索に少し時間が掛かる場合があります。ブルートゥース機器のリストを更新してみてください。

それでもLS50Wirelessが出てこない場合は、ブルートゥースの設定を一旦OFFにしてからONにしてください。

 

それでも解決しない場合は、ブルートゥース機器やLS50Wireless本体の再起動をお試し下さい。

ブルートゥース機器のリストにLS50Wirelessは出てくるのですが、接続に失敗します。

ブルートゥース設定を一旦OFFにしてからONにしてください。それでも解決しない場合は、ブルートゥース機器やLS50Wirelessを再起動して下さい。

以前接続できたのに接続できなくなった場合は、ブルートゥースのペアリングリストにある「KEF LS50Wireless」をリストから一旦削除して下さい。

デバイスがiOSの場合は、「KEF LS50Wireless」の右にある○iボタンをタップして「このデバイスの登録を解除」します。

アンドロイドの場合は、「設定」アイコンに続いて「KEF LS50Wireless」を選ぶなどしてペアリングを解除して下さい。

ふたつのブルートゥース機器をLS50Wirelessに接続するには?

LS50Wirelessは二つのブルートゥース機器を同時に接続できます。ただし、いちどに再生できるのは一つの機器の音楽のみです。

  1. ひとつめの機器がLS50Wirelessに接続されているか確認して下さい。
  2. 最初の機器の接続を解除すると、LS50Wirelessは自動的にペアリングモードに移行します。
  3. ふたつめの機器をLS50Wirelessに接続します。
  4. ひとつめの機器上で、ブルートゥース機器のリストから「LS50Wireless」を選択します。

LS50Wirelessはデバイスをいくつまで記憶できますか?

8デバイスまで記憶できます。

接続デバイスとLS50Wirelessをどうやって接続解除すれば良いでしょうか?

iOSデバイスであれば、「KEF LS50Wireless」のデバイスリストの○iボタンをタップし、「このデバイスの登録を解除」を選びます。

アンドロイドの場合は、「設定」アイコンに続いて「KEF LS50Wireless」を選ぶなどしてペアリングを解除して下さい。

私のスマートデバイスはaptXをサポートしていますか?

リンク先で最新情報をチェックして下さい。

http://www.aptx.com/products/browse/brands

 

USB オーディオ

ドライバーをインストールする必要はありますか?

Windows 7/8/8.1/10をお使いのPCでは、下記のドライバーをインストールする必要があります。

  1. 下記よりUSBドライバーをダウンロードして下さい。www.kef.com/ls50wireless/usb_audio
  2. LS50Wireless本体とPCがUSBで接続されているか確認して下さい。
  3. PCモードになっているか確認して下さい。
  4. USBオーディオドライバーをインストールして下さい。

USBドライバーをインストールできないのですが?

インストールには時間が掛かります。その間LS50Wireless本体の電源がONになっていること、PCモードになっていることを確認して下さい。

インストールに失敗する原因としては以下のような事情が考えられます。

  • アンチウィルスソフトがインストールを妨げている場合があります。一時的にアンチウィルスソフトを停止することをお勧めします。
  • クラウドサービスやNASがドライバーのインストールができない設定になっている場合があります。ドライバーは、ローカルにダウンロードすることをお勧めします。
  • Windows Updateが稼働中で処理に時間が掛かっている場合があります。コントロールパネルでWindows UpdateをOFFにしてみてください。

USB経由でパソコン内の音楽が再生できません。

MacやWindows PCで、オーディオ出力をLS50Wirelessに切り換えてください。

Mac OS X:

  1. 「システム環境設定」を選びます。
  2. 「サウンド」をクリック
  3. 「出力」をクリック
  4. サウンドを出力する装置を選択:で「LS50Wireless」を選択

 

Windows 7以降

  1. 「コントロールパネル」をスタートメニューから選択
  2. 「サウンド」をクリック
  3. 「再生」タブをクリック
  4. デフォルトのスピーカーとして「LS50Wireless」が選択されているかどうか確認して下さい。もし違う場合は、「KEF LS50Wireless」を右クリックして「デフォルトのデバイス」に設定して下さい。
 

 

システムの音が音楽再生に紛れ込まないようにしたいのですが?

システムの音は、次のようにすれば出力されません。by:

Mac OS X:

  1. 「システム環境設定」を選択
  2. 「サウンド」をクリック
  3. 「サウンドエフェクト」タブをクリック
  4. 「ユーザーインターフェイスのサウンドエフェクトを再生」のチェックを外す

 

Windows 7以降

  1. 「コントロールパネル」を選択
  2. 「サウンド」をクリック
  3. 「サウンド」タブをクリック
  4.  
  5. 「サウンドスキーム」の下の「サウンドなし」を選択し「OK」をクリック

任意の解像度で再生するには?

LS50WirelessはUSBモードで192kHz/24bitまでのオーディオ再生をサポートしており、再生時には192kHzにリサンプリングされます。

お使いのパソコンのサンプリングレートを以下のようにして任意の解像度に変更することができます。
 

Mac OS X:

  1. 「ユーティリティーズ」を選択
  2. 「Audio MIDI設定」をクリック
  3. 「LS50Wireless」を選択
  4. 「フォーマット」のタブから任意のサンプルレートを選択

 

Windows 7以降:

  1. 「コントロールパネル」を選択
  2. 「サウンド」をクリック
  3. 「再生」タブをクリック
  4. プロパティで「LS50Wireless」をダブルクリック
  5. 「アドバンスト」を選択し、「デフォルトフォーマット」から任意のサンプルレートを選択

光デジタル

LS50Wirelessをテレビと接続するには?

テレビやレコーダー等と光デジタルで接続するには、設定画面でデジタルオーディオ出力を「PCM」に切り換えて下さい。

切り換え方の詳細は、各テレビ/レコーダーの取扱説明書をご覧下さい。

テレビからノイズが出るのですが?

デジタルオーディオ出力が「PCM」に設定されているかどうかご確認下さい。ドルビーやDTS、AACといった設定ではベストのパフォーマンスは保証できかねます。

光入力はハイレゾ再生をサポートしていますか?

はい。LS50Wirelessは96kHz/24bitまでサポートします。

サブウーファー出力

サブウーファー出力を有効にするには?

サブウーファー出力は常に使用できる状態にありますので、ケーブルで接続するだけで有効になります。

関連商品

Sold out

Performance Standがもたらすもの

KEF Performance Speaker Standは、KEFのブックシェルフスピーカーにとって理想的なスタンドを目指して開発されました。
スタンドの中にケーブルを入れられる設計により、ケーブルをすっきりと簡単に隠しこむことができます。

Sold out

ミニチュアMUON

KEFの原音再生のサウンドをいつでもどこでも楽しめます。
MUO METALは英国の著名インダストリアルデザイナー ロス・ラブグローブと共同開発したポータブル Bluetoothスピーカーです。
KEFの革新的な音響技術とロス・ラブグローブの見事なデザインの組み合わせが、このスピーカーのすばらしさを際立たせています。

Sold out

リビングルームから会議室まで

GRAVITY ONE Bluetoothスピーカーは様々なシチュエーションで使えます。
スピーカーフォン機能を搭載していますので、高音質に通話が可能です。ビジネスやプライベートで活躍します。

Sold out

Performance Standがもたらすもの

KEF Performance Speaker Standは、KEFのブックシェルフスピーカーにとって理想的なスタンドを目指して開発されました。
スタンドの中にケーブルを入れられる設計により、ケーブルをすっきりと簡単に隠しこむことができます。

Sold out

ミニチュアMUON

KEFの原音再生のサウンドをいつでもどこでも楽しめます。
MUO METALは英国の著名インダストリアルデザイナー ロス・ラブグローブと共同開発したポータブル Bluetoothスピーカーです。
KEFの革新的な音響技術とロス・ラブグローブの見事なデザインの組み合わせが、このスピーカーのすばらしさを際立たせています。

Sold out

GRAVITY ONE

リビングルームから会議室まで
GRAVITY ONE Bluetoothスピーカーは様々なシチュエーションで使えます。
スピーカーフォン機能を搭載していますので、高音質に通話が可能です。ビジネスやプライベートで活躍します。

カート (0 製品情報)