大型?小型?AVレシーバーのスピーカー設定の最適化

ホームシアターやハイパフォーマンス・リスニングのセットアップに最高にする場合、正しく設定しなければならないことがいくつかあります。その中でも、AVレシーバーの適切なスピーカー設定の選択は、かなり重要な位置になっています。

最終的に、AVレシーバーシステムをどのように使用するかにより、スピーカーの設定を「大型」にすべきか「小型」にすべきかが決まります。

スピーカー設定の「大型」「小型」とは?

「大型」スピーカー設定は、「大きいスピーカー」という意味ではありません。「大型」スピーカーの設定は、低周波や重低音を含む全オーディオスペクトルを再生できるものです。理論的には20Hzから20,000Hzまでですが、実際には30Hzくらいまでならフルレンジ、つまり「大型」のスピーカーといえます。

ブックシェルフ型やサテライトスピーカーのような「小型」スピーカーは、オーディオの全帯域を通過するわけではありません。AVレシーバーの「大型」と「小型」の設定に関しては、ほとんど低周波のエネルギーのことなので、「小型」に設定されたスピーカーは、クロスオーバーの設定ポイントより上のものを再生することになります。

ホームシアターのセットアップでは、最大のインパクトと没入感を得るために、システムが20Hz(またはそれ以下)を再生できるようにする必要があります。

あなたにぴったりのスピーカーセッティング 

サブウーファーをお持ちの場合、AVレシーバーのフロント(左、中央、右)スピーカーの設定を、実際の能力に関係なく「小型」に設定してください。これにより、サブウーファーが低周波を処理し、スピーカーが中周波以上のエネルギーだけを処理することで、AVレシーバーの内蔵クロスオーバーの効果を最大限に受け入れることができます。

サブウーファーをお持ちでない場合は、フロントを「大型」設定してください。タワー型や全音域を簡単に扱えるスピーカーをお持ちの場合は、フロントスピーカーの設定を「大型」にし、内蔵クロスオーバーを「LFE+メイン」(またはAVレシーバーによっては同様の設定)にします。これにより、スピーカーのフルレンジ能力を活用し、追加の低周波エネルギーはサブウーファーのプリアウトに送られます。

サテライト、リアチャンネル、その他のサラウンド・スピーカーは「小型」に設定してください。一般的にはこれがAVレシーバのデフォルトのスピーカー設定になるはずです。

AVレシーバーのセットアップの最適化 

AVレシーバーのスピーカー設定を正しく行うことで、低周波エネルギーとその他の出力のバランスが改善されます。

クロスオーバーの設定値より低い周波数(100Hzから40Hzの間)はサブウーファーに送られ、クロスオーバーの設定値より高い周波数はフロント(またはリアなど)に送られるため、スピーカーに低周波エネルギーの処理という負担がかからなくなります。

音楽用途では、クロスオーバーを非常に低く設定し(60Hz未満など)、映画用途(60Hz以上)ではクロスオーバーを高くしてみるのもよいでしょう。

取扱正規販売店を探す

お近くのKEF正規販売店にて製品についての詳細やデモ体験をしてみましょう。

取扱正規販売店を探す
myKEFへようこそ
ログイン

KEFエクスペリエンスを最大限に活用する

高品質なKEFエクスペリエンス。さらなるメリット

アカウント作成
カートに商品はありません
すべての割引価格はカートページに表示されます
まだサインインしていません。サインインするか、 myKEFアカウントを作成してKEFを最大限にお楽しみください。
カート (0 製品)