myKEFへようこそ
ログイン

KEFエクスペリエンスを最大限に活用する

高品質なKEFエクスペリエンス。さらなるメリット

アカウント作成

Uni-Qテクノロジーの原点

元KEFのエンジニアであるローリー・フィンチャムが、Uni-Qテクノロジーの開発背景に関して語ります。

同軸型ユニットのドライバーを社内で推進していたのは誰でしょうか?
実は、それは彼自身だったのです。

以前からそのドライバーを好んで使っていたのでしょうか?いや、実はそうではないのです。通常2ウェイや3ウェイのスピーカーを作る場合、必ずドライバーの間に間隔があり、縦か横、どちらかの妥協が必要でした。つまり、ブックシェルフ型のスピーカーは、横置きなのか、それとも立て掛けかという問題があり、どちらかに振り切らないとうまく機能しなかったことが理由です。

Uni-Qテクノロジーは、実は逆の発想から生まれたものなのです。私たちは、プロセスを発明するのではなく、ある技術やプロセスを中心にシステムを構築することが多いのです。この場合は、ネオジム・鉄・ボロン磁石の技術の発見がそれにあたります。[レアアース(希土類)化合物のネオジムで製造された磁石は、ネオジムの酸化を防ぐために鉄やホウ素と一緒に使われることが多く、そのサイズにしては非常に強力で、通常の鉄ホウ素磁石の最大10倍のエネルギーがあります。マグネクエンチは、1982年にゼネラルモーターズと住友特殊金属が発明したNIB用磁性材料です]

私はマイク・ゴフ(KEFのエンジニア)に、「これはとても小さいので、同軸スピーカーを作ることができるのではないか?」と言いました。そこで彼はダミーを作りました。当初は誰もがやっていたように、ドライバーの真ん中、より前面寄りに設置しました。ネオジム磁石は買えなかったので、普通のフェライト磁石を小さくして使いました。もし、ネオジムが効くなら、それを真ん中に置けばいいのです。

「ネオジム磁石をネックに押し込むと、多かれ少なかれ一定の指向性を持つようになるんだ」と、マイクが言いました。彼はそこに目をつけ、それから私たちはネオジム・トゥイーターをいくつか作り始めたのです。

スピーカーのメーカーが2つのドライブユニットを中央に配置する方法を考案したのは(通常はトゥイーターとミッドレンジ)、Uni-Qが初めてではなく、アルテック・ランシングのデュプレックス・コアキシャル(1943年)やタンノイのデュアルコンセントリックテクノロジー(1947年)が最も顕著な前例となります。

KEFの研究責任者であるマーク・ドッドは、その違いを説明しています。
通常デュアル・コンセントリック・ドライバーは通常、低音ユニットのマグネットの後ろにプロフェッショナルスタイルのホーンを備えたコンプレッションドライバーを搭載しています。Uni-Qドライバーは、高周波ユニットはHi-Fiに典型的な直接放射型ユニットで、バスユニットのマグネットアセンブリの前方にあります。最も重要なのは、それが低域コーンの頂点に位置することです。

簡単に言えば、トゥイーターがウーファーの後ろにないため、Uni-Qはタンノイのデュアルコンセントリック技術を侵害しないのです。Theilの[デザイン]は振動板が平らなので、Uni-Qを侵害しない。

Uni-Q特許テクノロジーの核心は、低周波コーンを使用してトゥイーターの分散を制御することでした。
 詳細については、Uni-Qをご覧ください。

KEF正規販売店を探す

これらの受賞モデルのデモ体験は、お近くのKEF正規販売店にてご予約ください。

KEF正規販売店を探す
カート (0 製品)