KEF Technology

Uni-Q® Technology

KEFを象徴するサウンドの構成要素

KEFの多くの革新的技術は、息を呑むような自然な音の実現、つまり音楽を”原音再生”で楽しむことができるように開発されてきました。これらの先駆的な開発の中で、ほぼ全てのスピーカーの中心に位置するのがUni-Q®ドライバーです。


    1. タンジェリン ウェーブガイド*
    2. 最適化されたメタル合金ドーム
    3. 楕円型ドーム補強材
    4. HF用 ネオジウムマグネット
    5. 精密機械加工されたスピーカーヨーク
    6. トゥイーター ギャップダンパー*
    7. Z-Flex エッジ*
    8. 高剛性メタル合金製コーン
    9. コーン ネック デカップラ―
    10. MF用 マグネット
    11. 精密機械加工されたスピーカーヨーク
    12. 高剛性ドーム*
    13. HF用 モーターシステム
    14. MF用 モーターシステム
    15. ベンテッド トゥイーター
    16. MF/LF ドライバー
    *特許取得

    部屋のどこにいても、精細な音像を

    Uni-Qテクノロジーは、トゥイーターをベース/ミッドレンジコーンの音響中心部に正確に配置することで、両者が単一の点音源として機能し、部屋全体に音をより均等に分散させます。その結果、範囲の限られた「スイートスポット」がなくなり、部屋の異なる場所に居るすべての人が、同じ様に自然で精細な音像を楽しむことができるようになります。

    よりクリアで、歪みの少ないサウンド

    従来のスピーカーでは、異なる位置から放たれる中域と高域が互いに干渉し合っていました。Uni-Qは、トゥイーターをベース/ミッドレンジコーンの中心に配置し、これらの異なる周波数を1つの点音源から分散させることで、干渉の問題を回避し、音の歪みを抑えています。

    ぴったりのタイミングで届くサウンド

    Uni-Qの点音源設計では、すべての周波数が同時に耳に届きます。よって、より正確でリアルなサウンド再生が可能です。従来のスピーカーでは、それぞれの周波数帯域のスピーカーユニットから微妙に異なるタイミングで耳に到達するため、音が不鮮明になり、自然な響きが得られませんでした。

    一貫した革新性

    最新の第12世代Uni-Qドライバーは、30年以上に及ぶKEFの開発チームのたゆまぬ革新性の結晶です。開発の原点は、「同軸型ユニット」によって音質改善効果が得られるという概念です。それは今も昔も変わらない考えです。そのアンサンブルは現代の音響エンジニアリングの傑作と言えるでしょう。

    第1世代

    1988

    1988年、KEFは初の同軸型ユニットであるUni-Qを設計し、特許を取得した。25mm(1インチ)のトゥイーターが200mm(8インチ)のウーファーの首元に置かれ、両ユニットの音響中心が正確に一致するように配置されました。また、当時の先端素材であるネオジウム・アイアン・ボロンマグネットを使用しています。
    1988年に発売されたCシリーズのC95は、世界初の同軸型ユニットであるUni-Qドライバーが搭載された最初のスピーカーです。それはまた、KEF Reference 104/2 で採用されていたカップルド・キャビティ低域再生方式を継承しています。

    第2世代

    1989

    第2世代Uni-Qでは、ミッドレンジのコーンを160mm (6.5インチ) の小型サイズに変更し、160mm (6.5インチ) のロー/ミッド・ユニットを左右対称に2個搭載しました。これにより、前面の面積が狭くなり、ステレオイメージが向上しました。

    Model 105/3 は、1989年に発売された「The Reference」シリーズのフラッグシップモデルです。第2世代のUni-Qを採用した4ウェイ トールボーイ型のスピーカーで、160mm (6.5インチ) のロー/ミッド・ドライブ・ユニットを2個、200mm (8インチ) のドライバーを2個、ツイン・カップルド・キャビティ方式を用いて搭載しています。

    第3世代

    1994

    第3世代Uni-Qは、高音域のレスポンスをよりスムーズにするために、新たにロープロファイル・サラウンドを採用しました。ミッドレンジユニットには160mm (6.5インチ) のポリプロピレンコーン、トゥイーターには25mm (1インチ) のファブリックドームを採用しています。

    Model4は、1994年に発表された「The Reference」シリーズの最上位モデルにあたります。第3世代のUni-Qを搭載した4ウェイ・トールボーイ型スピーカーで、160mm (6.5インチ) のロー/ミッド・ユニット2個と、低域には、250mm (10インチ) のウーファー2個で駆動するツイン・カップルド・キャビティ方式を採用しています。

    第4世代

    1997

    第4世代のUni-Qでは、薄型のエッジをコーンに成形し、コーン/エッジ機能を改善、中域のレスポンスをよりスムーズにしました。また、トゥイーターの高域放射に、より連続的な導波路を提供、スムーズさと音色の自然さが一段と向上しました。

    Q15は、1997年に発売されたQシリーズの中で最もコンパクトなモデルです。2ウェイのブックシェルフ型スピーカーで、中央に搭載された第4世代Uni-Qドライバーには、160mm (6.5インチ) のクリア・ポリプロピレンコーン型のベース/ミッドレンジユニットと19mm (3/4 インチ) のソフトドーム・トゥイーターが搭載されています。

    第5世代

    2001

    第5世代Uni-Qは、初めてメタルドームトゥイーターを採用しました。25mm(1インチ)のチタンドームは、コンピューターモデリング技術によって最適化された楕円形の輪郭を持っています。この変更により、ボーカルの透明感が格段に向上しました。

    Reference Model 201は、2001年に発売された「The Reference」シリーズの4ウェイ・リフレックス・ブックシェルフ型スピーカーです。第5世代のUni-Q、19mm(3/4インチ)のハイパートゥイーターと165mm(6.5インチ)のウーファーを搭載しています。

    第6世代

    2006

    第6世代Uni-Qの主な更新点は、新しいチタンドームトゥイーターでした。このトゥイーターは、楕円形のリングと球形のキャップの2つのパーツで構成された特許取得済みのスティッフンドームを駆動するベントモーターシステムを採用しています。極めて正確なピストン運動で動作し、高音域を鮮明に再現します。

    2006年にアワード受賞したReferenceシリーズのフラッグシップモデルであるModel 207/2は、4ウェイのトールボーイ型スピーカーです。70リットルのリフレックス・エンクロージャーに格納された2つの250mm(10インチ)超低歪みユニットと、同じサイズの専用ミッドレンジ・ユニット、そして第6世代のUni-Qを採用しています。

    第7世代

    2006

    第7世代Uni-Qのポリプロピレン製コーンには、放射状の補強リブが追加されています。剛性を高めることで、コーンが単純なピストンとして動くようになり、レスポンスがスムーズになり、歪みを最小限に抑えることができました。また、110mm Uni-Qにはシールド・サスペンション・テクノロジーが採用され、大音量時の音質を劇的に向上させました。

    KHT3000は、その特徴的なデザインから "EGG "と呼ばれるようになったホームシアター用スピーカーの名機です。コンパクトなサテライトスピーカーHTS3001には、第7世代のUni-Qドライバーを中央に搭載しています。

    第8世代

    2007

    115mm(4.5インチ)のUni-Qドライバーは、独創的で特許取得済みのTangerine Waveguide(タンジェリン・ウェーブガイド)を追加することで強化されました。これにより、感度と音の拡散性が向上し、第8世代Uni-Qはさらにクリーンでスムーズなレスポンスを実現しました。

    KHT3005SEは、数々の賞を受賞した3000シリーズの進化版として、第8世代Uni-Qを採用し、"EGG" ホームシアターシステムの美しさとスタイルを維持しながら、音の明瞭さとディテールを向上させ、より強力なパフォーマンスを実現しました。

    第9世代

    2009

    第9世代Uni-Qでは、リチウム/マグネシウム/アルミニウム合金の外板に、液晶ポリマー製の精密なリブ構造を施したハイブリッドコーンを採用しました。この組み合わせにより、中高音域を驚くほど正確に再現します。

    Concept BLADEの目的は、振動版のたわみやエンクロージャーの放熱によって生じる拡散音ではなく、一貫した音波を提供する同軸スピーカーを作ることでした。第9世代Uni-Qのおかげで、KEFは世界初の単一音源スピーカーを実現することができた。

    第10世代

    2010

    第10世代Uni-Qでは、トゥイーター・ドームとその正面の空気とのカップリングをさらに強化するために、タンジェリンウェーブガイドを再設計しました。これにより、トゥイーターからの放射音が音響的に最適化され、より点音源再生に近づき、感度の向上と分散性の改善が図られました。

    Q300は、2010年のQシリーズの中で最も大きなブックシェルフ型スピーカーです。第10世代のUni-Qを採用した2ウェイ・リフレックスシステムで、165mm(6.5インチ)のアルミニウムコーンと25mm(1インチ)のベント式アルミニウムドームトゥイーターを搭載しています。

    第11世代

    2014

    第11世代Uni-Qでは、新しいコーン・ネック・コントロールにより、ドライバーのレスポンスがよりスムーズになりました。コーンとボイスコイルの間に弾力性のある高制振のつなぎを採用し、ドライバーの帯域内の信号のみをコーンに伝達することができるようになったのです。

    3ウェイのReference 5 は、2014年の「The Reference」シリーズのフラッグシップモデルです。165mm(6.5インチ)のアルミニウム製ベースドライバー4つと125mm(5インチ)の第11世代Uni-QをD'Appplito構成で配置し、スピーカーの全周波数帯域にわたって音響源がUni-Qの位置に留まるようにしました。

    第12世代

    2018

    第12世代Uni-Qでは、トゥイーターとコーンの間にある輪状の隙間から出るノイズを吸収するために、トゥイーターギャップダンパーを追加しました。その結果、高音域のレスポンスがよりスムーズになり、ディテールや透明感が向上しました。

    R11は、2018年のRシリーズのフラッグシップモデルでした。卓越したREFERENCE 5 の技術を踏襲し、165mm(6.5インチ)のアルミニウム製ベースドライバー4つと125mm(5インチ)の第12世代Uni-QをD'Appplito構成で採用しました。

    MAT搭載第12世代

    2020

    MAT搭載第12世代Uni-Q には、MAT(Metamaterial Absorption Technology)が追加されました。また、カラレーションや音の歪みを低減するため、タンジェリンウェーブガイド背面リブの強化やトゥイーターギャップダンパーの再設計、Mk2コーンネックコントロールや中域モーターシステムの改良などが行われました。

    LS50 Metaは、MAT搭載第12世代のUni-Q ドライバーを搭載した、世界初のメタマテリアル採用スピーカーです。この新しいドライバーは、カラレーションや歪みを低減し、そしてこれまで以上に透明感と生命感のあるサウンドを、部屋全体に均等に分散させます。

    Metamaterial Absorption Technology

    KEFの音響技術の中でも、真の革新的技術だ。Metamaterial Absorption Technology (MAT) は、極めて複雑な迷路の様な構造をもつ。これは、ドライバー裏側からの不要なサウンドを削減し、結果、より純粋でより原音に近いパフォーマンスにつなげる。
    詳細

    Uni-Core™

    KEFの革新的な特許取得申請中のUni-Core™テクノロジーが、ハイパフォーマンスに必要なキャビネット内スペース、及びディープで精度の高いベースサウンドが求められるサブウーファーの概念を塗り替えました。

    詳細
    カート (0 製品情報)