サブウーファーとスピーカーのセッティングのコツ

サブウーファーが正しくセットアップされていると、控えめな音楽システムやシアターシステムをも壮大なサウンドに仕上げることができます。一方、サブウーファーがうまくセットアップされていない場合は、無駄なものになってしまいます。サブウーファーを正しくセットアップすることで、自宅での音楽や映画体験に大きな違いが生まれることは、低音好きな方も納得するでしょう。

そこで、サイズやコストに関係なく、システムの性能を最大限に引き出すためのサブウーファーのセットアップ方法をご紹介します。

AVRの自動セットアップ設定を使用する

最近のAVR(オーディオ・ビデオ・レシーバー)には、ルームセットアップアプリが内蔵されており、ほとんどの計算や困難な作業を行なってくれます。AVRのセットアッププログラムから最高のレスポンスを得るには、付属のマイクをスタンドまたは三脚にセットして、周りに障害物がないメインのリスニングポジションに置き、プログラム実行中に部屋を出ます。高度なプログラムでは、各リスニングポジションごとにこの作業を行う必要があります。Audysseyのようなスタンドアローンのルームセットアップアプリを使用している場合にも、この方法が適用されます。

手動で入力しなければならない場合は、セットアッププログラムに各スピーカーの距離を入力する際に、できるだけ正確にしてください。距離が正確に設定されていれば、異なる場所から異なる時間に聞こえてくるはずの音が、想定されるタイミングで耳に届くように処理されます。例えば、ヘリコプターが部屋の後方から前方に向かって飛んでくるとき、リアスピーカーとフロントスピーカーの距離が正確に設定されていれば、よりまとまりのある音になります。距離が正確でないと、音がバラバラになったり、映像素材から切り離されたりすることがあります。

もちろん、一度セットアッププログラムを実行したら、自由に実験して好みのサウンドに仕上げてください。また、設定に失敗した場合は、再度プログラムを実行し、システムで計算された設定に戻すことができます。

音量を適切に設定する

多くの方が、深くて正確な低音に好みますが、低音が多すぎると威圧的になります。サブウーファーのアンプ(ゲインコントロール)を75%程度に設定し、よく知っている曲や映画のワンシーン(低音の多いもの)を再生してください。AVRのコントロールメニューで、サブウーファーの出力をずっと下(無限大)に設定します。サブウーファーのゲインをゆっくりと調整し、低音がボトムエンドに充満し始めるのが聞こえる程度に調整し、その後停止します。

これで、必要な低音はすべて揃ったことになります。必要な低音はこれだけです。適切にセットアップされたサブウーファーは、それ自体に注目することはなく(つまり、低周波を聴くときにボックス自体に注意を向けることはありません)、その代わりに、一見するとあらゆる方向から低音が部屋いっぱいに広がる無指向性のものとなります。

曲や映画のサウンドトラックがマスタリングされるとき、エンジニアやディレクターは、その曲のメッセージや感情を伝えるために、他のすべての周波数との関係で、必要と思われる量の低音を入れます。サブウーファーの音量が適切に設定されていれば、意図したとおりにプログラム全体や楽曲と一体化し、充実した繊細なサウンドが得られます。

ゲインコントロールを微調整して、サブウーファーを好みの音量に設定することもできますが、上記の手順は、サブウーファーを適切に統合するための素晴らしい基礎となります。

位相を設定する

位相の関係を深く考えずに、サブウーファーの位相制御を試してみて、一番良い音になるものを選ぶだけです。

オーディオの世界では、他のすべてのものと同様に、それは本当にすべての好みの問題である。垂木を揺るがすような低音に酔いしれるのもよいですが、すべてのスピーカーをシームレスに統合したい場合は、これらのヒントを参考にして、システムをさらに楽しんでください。

取扱正規販売店を探す

お近くのKEF正規販売店にて製品についての詳細やデモ体験をしてみましょう。

取扱正規販売店を探す
myKEFへようこそ

KEFエクスペリエンスを最大限に活用する

高品質なKEFエクスペリエンス。さらなるメリット

アカウント作成
カートに商品はありません
すべての割引価格はカートページに表示されます
まだサインインしていません。サインインするか、 myKEFアカウントを作成してKEFを最大限にお楽しみください。
カート (0 製品)